3月24日(木)23時53分~放送予定の『クレイジージャーニー』に常に命がけで写真を撮っている写真家の伊藤大輔(いとうだいすけ)さんが登場します。


クレイジージャーニーでは毎回、独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々が、番組MCの松本人志さん、設楽統さん、小池栄子さんとトークを繰り広げます。


今回はクレイジーなゲストとして伊藤大輔さんが登場するとあり、楽しみです!


伊藤大輔さんについて、知らない方も多いと思うので紹介したいと思います。


伊藤大輔さんの経歴は?気になる年齢や出身も!

伊藤大輔 経歴
<伊藤大輔さんのプロフィール>

★出身地:宮城県仙台市

★生年月日:1976年(現年齢39歳)


伊藤大輔さんの仙台市の実家には、壁一面にこいのぼりの絵が描かれているそうです。


仙台市内の進学校を卒業した後に、明治大学に進み野球部に入部をしたそうです。


伊藤大輔さん実は、野球関係の道へ進みたかったそうなのですが、卒業後は一般企業に入社をしたみたいです。


写真を撮ること以外にも、野球も好きなようですね。


入社をした会社は1年ほどで退社をしたみたいです。


辞めた理由としては、働いてみて「何かが違う」と感じたんだとか。


その後は、スペインへ渡りバルセロナにある写真学校に2年間通ったそうです。


卒業してからは、南米大陸各地での撮影活動を開始したそうです。


その時に、ブラジルにあるリオのファベーラを知ったみたいです。


伊藤大輔さんが、現在暮らしているところはブラジル・リオのファーベラに在住しています。


ファーベラという街は、ギャング(日本でいうところの”ヤクザ”)などの犯罪組織が支配し、住人以外は立ち入ることさえ難しい街だったようです。


そんな恐ろしいところに、写真を撮るためだけに出向く勇気が素晴らしいですね!


現在は周りの環境にも慣れてきて、ギャングの表情や仕草など、良い写真が撮れるようになってきたと語っています。


ただ、ギャングにも侵してはならない聖域があるみたいで、そこは神経を研ぎ澄ます必要があるそうです。


伊藤大輔さん、カメラはコンパクトカメラを使っていて、それで写真を撮るそうです。


理由としては、ポケットにも入るし持ち運ぶのが楽だからみたいです。


日本で生活してたら、”ヤクザ”の写真を撮りたいと思うことってまずないですよね(汗)


“ギャング”を撮る伊藤大輔さんを、そこまで突き動かす”写真”の存在って一体なんなのでしょうか。
 

スポンサーリンク

伊藤大輔さん結婚はしてる?子供についても!

伊藤大輔 結婚
色々と調べたら、伊藤大輔さんは結婚もしていました。


奥さんの名前は”悠子“さんで、年齢は伊藤大輔さんより5歳ほど年下になるみたいです。日本人です。


子供も女の子がいて、名前は”茉莉(まつり)“ちゃんです。年齢は現在3歳です。


家族も一緒にリオに住んでおり、悠子さんが宿を経営しているそうです。


1泊する料金は約2700円になるんだとか。


まつりちゃんは地元の学校に通いながら、元気に過ごしているみたいです。


しかし、よく考えると妻の悠子さんも、よくついて行く気になったなと思います。


旦那さんをよっぽど愛しているんでしょうね。

伊藤大輔さんの年収は?

伊藤大輔 
伊藤大輔さんの年収については開示されていませんでした。


そこで、フリーランスの写真家の年収を具体例に出したいと思います。


フリーランスだとピンからキリまでなので、1000万を超える人もいれば0の人もいます。


ちなみに、一時期メディアで良く登場していた戦場カメラマンの渡部陽一さんは1000万以上はもらっていると噂で言われています。


まぁあんだけメディアに出ていたのだから、もらっているでしょうね。


戦場カメラマンの平均年収は200~500万の間になるそうです。


しかし!カメラマンの平均年収は980万円もあるそうです。


これは、以外ですね。稼ぐ人とそうじゃない人の差がかなり激しいんでしょうね。



管理人管理人

今回は写真家の伊藤大輔さんについて調べて見ました!
やはり、写真に取り憑かれる魅力ってあるんでしょうね。
僕は全く写真を取らないので、カメラの機能とか使い方って分かりません(汗)
使い捨てカメラでさえ、使えるか危ういですね(笑)
番組では伊藤大輔さんは、何を語ってくれるのか楽しみです!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す