「あばれ騎士道」や「勝海舟」「西部警察シリーズ」など、これまで多くのテレビドラマや映画に出演されている渡哲也(わたりてつや)さん。


最近あまり見かけなくなったので、現在はどのような活動をされているのか気になる方もいるのではないでしょうか。


今回は、渡哲也さんの経歴や結婚事情などについてまとめてみました!

渡哲也さんプロフィール!映画やドラマ出演作品を調査!



あばれ騎士道で俳優デビューを果たし、西部警察シリーズや男たちの大和/YAMATOなどの人気作品に出演していることで知られる渡哲也さん。


皆さんもご存知だちは思いますが、石原軍団の一員としても活躍されております。


そんな人気俳優でもある、渡哲也さんのプロフィールがこちらになります。

渡哲也 プロフィール


<渡哲也さんプロフィール>

★生年月日:1941年12月28日

★出身地:島根県能義郡安来町(現:安来市)

★職業:俳優・歌手

<渡哲也さんの出演作品>

★1968年:無類

★1974年:勝海舟

★1975年:仁義の墓場

★1976年:大都会

★1979年:西部警察

★1996年:秀吉

★1997年:誘拐

★2004年:レディ・ジョーカー

★2009年:坂の上の雲

出典先:wikipedia

渡哲也さんは、1964年に日活へ入社してから俳優としての活動を開始。


入社したきっかけは就職が不合格になり、弟の渡瀬恒彦さんや大学の同級が映画のオーディションに内緒で応募したからだという事です。


内緒で応募したことに激怒した渡哲也さんでしたが、友人から「撮影所に行けば、石原裕次郎に会えるかもしれない。」と言われて日活の撮影所へ。


その矢先に、スカウトを受けて入社することになったという事です。


人生の転機や出会いは突然やってきますよね。


僕もこれまでにこの転機や出会いが無ければ、今の自分はなかったと思うことが何度もあります。


そのときの転機や出会いを、どのように持っていくかは人それぞれですよね。


あばれ騎士道でデビューしたことで、数々の映画会社から声がかかり、悩んだ末に現在の石原プロモーションへの入社を決意。


1973年に、出演予定であった「仁義なき戦い」は体調不良のため出演を辞退。


この頃から、体調が優れなかった渡哲也さんは1975年に「仁義の墓場」で復帰することになりました。


自分の体調と懸命に向き合いながら、芸能活動を続けていくのちに所属している石原プロがテレビドラマに進出。


テレビドラマでの、出演人気作品の1つとして知られているのが「西部警察シリーズ」になります。


西部警察はシリーズ化されて、約5年間も続く人気作品となったことで注目を集め、石原軍団のメンバーも多く出演したことでも再注目を集めました。


1987年には、初代社長であった石原裕次郎さんの訃報を受け、石原プロの2代目社長に就任。


1991年には、自ら「直腸がん」であることを告白。


直腸がんにも負けずに、映画やテレビドラマに出演していくなかで、2015年には急性心筋梗塞で緊急入院。


出演した多くの作品が、日本アカデミー賞やブルーリボン賞にノミネートされ、優秀主演男優賞や主演男優賞などを受賞されています。


簡単に人気俳優として這い上がってきたわけではなく、これまでにさまざまな困難や苦労があったんですね。


人生そう簡単に進むとは、限らないですよね。


多くの人が、さまざまな困難や苦労に立ち向かいながら今を過ごされています。


これからも、人気俳優の1人としてどんな困難や苦労にも負けずに頑張ってほしいと思います。
 

スポンサーリンク

弟である渡瀬恒彦さんも紹介!本名は?



石原プロに活動する前は、大学に進学するために弟の渡瀬恒彦さんと東京へ上京します。


渡哲也さんの弟さんが、渡瀬恒彦さんであることは有名だと思います。


恥ずかしながら、僕は最近知りました。


兄弟や姉妹で芸能活動をしている方も多くいますよね。


中には、意外な2人が兄弟や姉妹だったりするのですごく驚きます。


ここで、弟の渡瀬恒彦さんについてまとめていきたいと思います。

渡瀬恒彦


<渡瀬恒彦さんプロフィール>

★生年月日:1944年7月28日

★身長:174cm

★血液型:AB型

★主な作品:「仁義なき戦いシリーズ」「十津川警部シリーズ」「おみやさん」「警視庁捜査一課9係」

出典先:wikipedia



やはり、兄弟というだけあって輪郭などがソックリではないでしょうか。


渡哲也さんが日活からスカウトを受けて、俳優として第一線を歩み始めた一方で、渡瀬恒彦さんは俳優業には一切興味がなかったそうです。


俳優になる意思がまったくなかった渡瀬恒彦さんですが当時、企画制作本部長をしていた岡田茂さんの積極的な対話を受けてこれまで務めていた「電通PRセンター」を退職。


同時にサラリーマン生活にも終止符を打ち、東映と契約しました。


渡哲也さんとは異なり、本名で活動もこなされていました。


ちなみに、渡哲也さんの本名は「渡瀬道彦」になります。


兄に負けずと多くの映画作品に出演するようになり、受賞作品も増えいく矢先の1994年に脳梗塞を起こしていたことをテレビで告白。


兄弟揃って体調が優れないことから、世間や石原軍団のメンバーから心配の声があがりましたが、兄弟負けじと人気作品への出演をこなしていきます。


奮闘するなかで出演した「十津川警部シリーズ」は、現在でもファンが絶えない代表作の1つとして注目を集めています。


僕が個人的に好きな作品は、やはり「おみやさん」ですかね。


渡瀬恒彦さんが演じるおみやさんの人情あふれる役どころはすごく好きでした。


これまでと変わらず、多くのメディアで見かけていたので、今後も活躍されると期待していた矢先の訃報だったので個人的にはすごくショックでした。


あらためて、ご冥福をお祈りします。
 

スポンサーリンク

渡哲也さんは結婚して嫁や子供はいるのか?



今後は、弟の分まで活動を続けていくと思われる渡哲也さん。


身近な人が突然いなくなった時に、支えてくれるのが同じ悲しみを味わった親族や家族だったりしますよね。


身近で支えてくれる奥さんやお子さんはいるのか、色々と調べた結果、奥さんと息子さんがいることが分かりました。


どちらも一般人で詳しい情報は掴めませんでしたが、息子さんは「鹿島建設」で勤務されているんだとか。


渡哲也さんが病気で倒れた時も、自宅をバリアフリー化したそうで、建設業界で現在も頑張っているという事です。


奥さんや息子さんの支えもあるからこそ、今日までやって来れたのもあると思います。


聞いた話によると、息子さんも大学の同級生と結婚されたそうで、温かい家庭を築いているとのことです。


これからも、お互いに負け時とそれぞれの道を進んでいくと思われます。


渡哲也さんも現在は治療に専念されているようで、あまりメディアで見かけることは少なくなりましたが、復帰へ向けて頑張っていることと思います。


これからの活躍に期待したいところですね!



管理人管理人

人気俳優になるまでに、さまざまな困難や苦労を乗り越えてきた渡哲也さん。
今後は、弟の分まで自信も治療に専念しながら、いつしかまたメディアに出演することを臨んで頑張っていくと思います。
これからの活動から目は離せないですね!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す