1970年に映画「裸の十九才」で俳優デビューして以来、これまで多くのテレビドラマや映画などに出演してきた原田大二郎(はらだだいじろう)さん。


1975年に出演したテレビドラマ「Gメン75」で、一気に知名度が上がり、映画「蒲田行進曲」や「敦煌」などの人気作品に出演したことで俳優としての才能を開花させました。


俳優として活動していくなかで、明治大学特別招聘教授としての活動も並行で行っています。


今回は、原田大二郎さんの今現在や家族関係などについて調べてみました。

原田大二郎さんのプロフィールや学歴!今現在はどうしている?



原田大二郎さんは現在、舞台を中心に活動をされています。


2010年に、参議院選挙に明治大学特別招聘教授として出馬をした原田大二郎さん。


この出馬以降に、メディアへの出演が少なくなったそうです。


今は舞台を中心に活動中ということなので、今後の活動次第では再びテレビで見かけたりすることがあるかもしれませんね。


今後の進展に期待したいところです。


僕自身、これまでの活動について詳しく知らなかったので勉強しようと思いこれまでの経歴を調べてみました。


原田大二郎


<原田大二郎さんプロフィール>

★生年月日:1944年4月5日

★出身地:神奈川県横浜市

★職業:俳優・演劇

★備考:明治大学特別招聘教授(2001年~現在)

出典先:wikipedia



原田大二郎さんは、神奈川県横浜市生まれの山口県育ち。


わずか2歳のときに伯父の養子となり、山口県立熊毛南高等学校を経て1967年に明治大学法学部を卒業されています。


大学を卒業後は「劇団文学座」に入座し、俳優としての基礎を学んでいきます。


1970年に出演した映画「裸の十九才」で主役としてデビュー。


1975年には、テレビドラマ「Gメン75」に関屋一郎警部補役で出演。


この両作品への出演をきっかけに、名前を知られるようになります。


1985年に公開された映画に出演した際、ビートたけしさんと共演。


その共演がきっかけで「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に幸福配達人として出演し、バラエティ番組やレポーターなどで活躍の機会が増えていきます。


俳優として活動していく一方で、明治大学特別招聘教授として主に朗読指導などを行っています。


明治大学文化プロジェクトを自ら立ち上げて、受講の学生を中心にシェイクスピア劇の上演を監修されています。


人は見かけによらず、予想できない能力を持っていたりしますよね!


僕も先日久しぶりに再会した学生時代の同級が、介護系の国家資格に合格して、勤務先の施設で1人前の職員として頑張っているというのを聞いてすごく驚きました。


逆に、僕が持っている資格を公表したことで相手から驚かれたこともあります。


人は見た目などで、判断してはいけないというのはこういうことですよね!


2010年7月には、第22回参議院議員通常選挙の山口県選挙区に民主党公認の国民新党推薦で立候補するも敗北。


現在は俳優業に戻っていて、東京都または光市光井に在住しているそうです。


今後も主に、俳優として活動していく可能性が高いと思われます。
 

スポンサーリンク

原田大二郎さんのお嫁さんや子供もすごい?



俳優として活動していて、参議院選挙にも出馬経験のある経歴を持つ原田大二郎さん。


原田大二郎さんの家族構成について調べたところ、奥さんは英文学者で東洋学園大学の第5代学長に就いている原田規梭子さんであることが分かりました。

原田規梭子



原田規梭子さんは、明治大学大学院文学研究科の出身。


同研究科の修士課程を修了されています。


その後は、東洋女子短期大学学長と東洋学園大学副学長を経て今の職に就かれています。


日本英文学会と現代演劇研究会にも所属していて、専門分野は英米の演劇になります。


原田規梭子さんの略歴をまとめておきました。

【略 歴】

・1944年10月4日生まれ

・1969年:明治大学大学院文学研究科修士課程修了(文学修士)

・1970年:東洋女子短期大学英語英文科専任講師

・1992年:東洋女子短期大学英語英文科教授

・2002年:東洋学園大学現代経営学部教授・学校法人東洋学園評議員

・2005年:東洋女子短期大学学長・学校法人東洋学園理事⇒東洋学園大学副学長

さらに息子さんは現在、陶芸家として活躍されていると思われます。


名前は”虎太郎”というそうで、原田大二郎さんは息子である虎太郎さんに今まで申し訳ないと思っているんだとか。


理由は、2014年2月に親子で共演した「ナイナイアンサー」でのこと。


原田虎太郎さんが誕生する際に起きた事故と、幼児期の発症した病気で虎太郎さんは障害を患ってしまったそうです。


この障害により、学生時代に成長が遅れてイジメを経験したそうです。


このことに対して、番組内で原田大二郎さんは次のように虎太郎さんに語っています。

「ごめんな。俺がお前をこんな風にしてしまった」

この言葉に対して虎太郎さんが返した言葉は、

「この家に生まれてきてよかったと思ってます」

という一言でした。


立派な息子さんですよね!


この言葉を聞いて僕自身も心打たれました。


あまり公表はしていませんが、僕自身も障害を患いながら生きています。


障害を持っていても、こうしてブログを更新できたり、毎日を楽しく生きています。


当時は憎んだりもしましたが、今は全てのことに「感謝」の気持ちを忘れずに前を向いて歩いています。


いつか、明るい未来が来ると僕は信じています。


今後も親子ともに成長していくと思われます。


心から今後の進展を応援したいです!

原田大二郎さんの大姪はまさかのアイドル!



自身の俳優活動に力を入れながら、息子の人生にも付き合っている原田大二郎さん。


そんな、原田大二郎さんの大姪(姉の孫)にあたる人物がまたすごい方でした!


原田大二郎さんの大姪にあたるのは、元AKB48で現在は女優として活躍されている岩田華怜さんになります。

岩田華怜



原田大二郎さんが声優として出演した「ハウルの動く城」をGoogle+で実況していた際に、

「ちなみにこの『ヒン』の声やってる原田大二郎、私の叔父です。wwww」

とコメントしていました。


続けて「大さんは私の父のほうのおばあちゃんの弟さんですわww」とコメントもしていることから、親戚であるという事実が発覚。


このコメントを見た岩田華怜さんのファンや、AKBファンからは驚きの声があがっていました。


しかも原田大二郎さんは、何度かAKB48劇場にも足を運んで岩田華怜さんの劇場公演を観ていたそうです。


アイドルから女優に転身した岩田華怜さん。


今後も原田大二郎さんに負けず劣らない、女優として活動を続けていくと思われます。

管理人管理人

俳優として活躍し、明治大学特別招聘教授としての活躍もされている原田大二郎さん。
これからも、舞台を中心に俳優活動を続け、教授としても活動を続けていくと思われます。
今後もお身体に気をつけて、家族や親戚に支えられながら頑張ってください!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す