1996年に「第4回東宝シンデレラコンテスト」において、審査員特別賞を受賞してから芸能界デビューを果たした女優の田中美里(たなかみさと)さん。


田中美里さんといえば、2003年の韓国ドラマ「冬のソナタ」で、チェ・ジウさん演じるヒロインのユジンの日本語吹き替えをしたことで有名になりました。


最近はメディアへ出演しているところを見かけたことがないのですが、今回は現在やこれまでの経歴について調べたいと思います。

田中美里さんは今なにしてるの?近況は?



これまで、人気女優の1人として活躍してきた田中美里さん。


主な出演作品に、「あぐり」や「WITH LOVE」「利家とまつ?加賀百万石物語?」などがあります。


また、日本語版の吹き替えとして「冬のソナタ」をはじめ、「美しき日々」や「天国の階段」にも出演されています。


個人的にはあまりよく分からないのですが、このブログを共に書いているライターのならぴーが韓国ドラマが大好きということで、田中美里さんが吹き替えで出演した3作品のすべてを見たんだとか。


ならぴーいわくかなりの美声とのことで、僕も機会があったら観てみようと思います。


幅広い世代から絶大なる人気を誇っている田中美里さんですが、2012年5月に所属していた東宝芸能を退社して、個人事務所「株式会社アンプレ」を設立したそうです。


現在は、株式会社アンプレ専属の女優として芸能活動を続けているんだとか。


長年、芸能界活動をしていながら個人の所属事務所を持つなんてかなりすごいと思います。


今後は芸能活動はもちろん、個人事務所の育成などにも力を注いでいくのではないでしょうか。


これからも、お身体に気をつけて頑張って欲しいと思います。

田中美里さんは結婚している?旦那さんはどんな人?



チェ・ジウさんの日本語版吹き替えとして冬のソナタだけでなく、さまざまな作品に出演している田中美里さん。


チェ・ジウさんも田中美里さんの声を気に入っているようで、「自分のドラマが日本で放送されるときは必ず彼女に吹き替えを担当して欲しい」と公言しているそうです。


それが関係しているのか、これまでに田中美里さんが出演している吹き替えのすべてにおいて、いずれもチェ・ジウさんが出演されている作品になります。


これがきっかけとなり、お2人の関係もより一層深まっているのではないでしょうか。


深い関係といえば結婚事情についても気になるところですが、田中美里さんは現在、結婚はされていないそうです。


今のところは特に結婚願望などはなく、あるインタビューに対しては「結婚には全く興味がない、一緒に暮らせればそれでいい」と語っていた事があるということです。


一緒に暮らすだけでいいのなら、彼氏彼女という関係だけで十分かもしれませんね。


今年40歳を迎えたということで、まだまだ結婚などについても考えられる時間はあります。


今後の進展などでは、結婚というのも有り得るのではないでしょうか。
 

スポンサーリンク

田中美里さんの病気とは?出演作品も紹介!



1996年に芸能界入りを果たし、現在は個人事務所に所属しながら活動中の田中美里さん。


最後に、田中美里さんが人気女優として知名度が成り立つまでの、これまでについて調べてみました。

田中美里


<田中美里さんプロフィール>

★生年月日:1977年2月9日

★出身地:石川県金沢市

★所属事務所:株式会社アンブレ

出典先:wikipedia

石川県金沢市出身の田中美里さんは、北陸学院中学校と高等学校をそれぞれ卒業後、1992年に行われた第6回全日本国民的美少女コンテストにおいて見事本選に進出。


その後、オスカープロモーションに所属してモデル業を経て芸能界デビューを果たします。


1997年に放送されたNHK連続テレビ小説「あぐり」では、ヒロインの望月あぐり役を演じました。


この出演をきっかに、数々のドラマや映画などに出演するようになります。


特に「あぐり」に次いで、主演を務めた映画「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」では、その演技が高く評価され絶大なる人気を得ました。


本業の女優として活動する一方で、2003年にNHK衛星第2テレビジョンで放送され、2004年にはNHK総合テレビジョンで放映された韓国ドラマ「冬のソナタ」でチェ・ジウさんの吹き替えをしたことから声優としての活動も行っています。


冬のソナタといえば、放送から10年以上が経過した今でも女性を中心に幅広い世代から人気を得ている大人気番組で、一時は韓流ブームが起きたことでも話題になりましたよね!


芸能界活動を続けていくなかで、すべてが順調ではなかったと言います。


芸能活動のなかで最も苦労したのは、2000年の終わり頃にパニック障害を発症したことだそうです。


このパニック障害で、田中美里さんは3か月ほど芸能活動を休止して療養を余儀なくされたという事です。


障害を克服した今でもトーク番組などに出演した際に、自らパニック障害を克服した体験談を語ることがあるんだとか。


趣味は帽子作りだそうで「にじいろジーン」出演したときに、タレントの山口智充さんと元男闘呼組の高橋和也さんに手作りの帽子をプレゼントしたという事でした。


女優業のほかにも、違う活動や趣味や特技などをするのもすごくいいことだと思います。

<田中美里さんの映画・ドラマ出演作品>

★ドラマ

・あぐり(1997年4月7日)

・それでもワインがスキ!?(1998年3月24日)

・WITH LOVE(1998年4月14日-6月30日)

・お熱いのがお好き?(1998年7月1日-9月9日)

・昨日の友は今日の敵?(2004年1月5日-2月9日)

・七色のおばんざい(2005年6月20日)

・金田一耕助シリーズ32 神隠し真珠郎(2005年)

・相棒 Season 4 最終話「桜田門内の変」(2006年3月15日)

・ブロードキャストASUKA(2008年)

・名探偵コナン 工藤新一への挑戦状 「第5話」(2011年8月4日)

・リスクの神様「第5話」(2015年8月12日)

・ドラえもん、母になる〜大山のぶ代物語〜(2015年12月13日)

・花嵐の剣士 〜幕末を生きた女剣士・中澤琴〜(2017年1月14日)

★映画

・黒い家(1999年11月13日)

・ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000年12月16日公開)

・みすゞ(2001年)

・ゴジラ×メカゴジラ(2002年12月14日公開)

・HAZAN(2003年)

・世界の中心で、愛をさけぶ(2004年5月8日公開)

・電車男(2005年6月4日公開)

・貞子vs伽椰子(2016年6月18日)

・家族の日(2016年)

・しまこと小豆島(短編映画2016年)

出典先:wikipedia

この他に舞台などにも多数、出演をなされている田中美里さん。


これからも末永く芸能活動を続けて欲しいと思います。

管理人管理人

突然の悲劇に見舞われるも、無事に病気を克服して現在も強く生きている田中美里さん。
幾度の困難にも必死に立ち向かう姿は、多くの芸能人やファンに大きな影響を与えていると思います。
これからもお身体に気をつけて頑張ってください!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す