7月7日(金)12時~テレビ朝日系列で放送予定の『徹子の部屋』に、女優の奈良岡朋子(ならおかともこ)さんが登場します。


来年で女優生活70年を迎えるという奈良岡朋子さんは、突如としてさまざまな病に倒れた壮絶な人生を送ったといいます。


今回は奈良岡朋子さんの現在と、これまでについて調べてみました。

奈良岡朋子さんの近況は病気で入院していた?



1948年に民衆芸術劇場付属俳優養成所に1期生で入所し、舞台女優として活動を開始した奈良岡朋子さん。


劇団民藝の創設時にも参加し、旗揚げ公演の「かもめ」に小間使役で出演したことで注目を集めています。


おもに、女優業として人気を博した奈良岡朋子さんは現在、劇団民藝の法人取締役および劇団共同代表を務めているという事です。


初期メンバーとしてこれまで在籍していて、民藝創設者である宇野重吉さんと滝沢修さんの死後に大滝秀治さんと共に代表を務めているんだとか。


劇団民藝に在籍しているときから、並行して女優活動を続けマネジメントもするようになった奈良岡朋子さん。


そんな奈良岡朋子さんですが、実は2016年に背骨の圧迫骨折により入院生活をされていたという事です。


骨折は肋骨にも及び、今後の活動も心配視された奈良岡朋子さんでしたが、見事復活を果たされたという事でした。


徹子の部屋でも、その辺りについて詳しく語られるようです。


今後も病気に負けじと、法人取締役代表と女優業の2足のわらじを履いて活動を継続していく事でしょう。


良き先輩女優として、今後も多くの女優さんや俳優さんを輩出していってほしいですね!
 

スポンサーリンク

奈良岡朋子さんの気になる結婚事情!夫や子供はいるの?



劇団民藝の法人取締役と、劇団共同代表を務めながら自身も女優業をしている奈良岡朋子さん。


今年に入ってから芸能界では、結婚ラッシュが相次ぎ、多くの芸能人がゴールインをしています。


そんな中で、奈良岡朋子さんの結婚事情についても調べてみたのですが、現在は結婚されていないそうです。


過去に結婚歴もないため、もちろんお子さんもいませんが、少しでも子供が欲しいと思ったのでしょうか。


NHKの連続テレビ小説「水色の時」で初共演した、女優の大竹しのぶさんに対して「こういう子を養女にもらいたいと思ってた。」と打ち明けた事があるんだとか。


奈良岡朋子さんも年齢が87歳ということで今後、結婚する可能性はないとは言いきれませんが可能性的には低いのではないでしょうか。


その代わりに、劇団民藝に在籍する女優さんや俳優さんの事をまるで、家族のように思っているんだと個人的には思っています。


何度かメディアで見かけたことがあるのですが、心の底から劇団民藝の事を人一倍愛しているという箇所が見て取れました。


そのほかにも、芸能人での交友関係が深い奈良岡朋子さんは、人気俳優である石原裕次郎さんから”最も尊敬していた女優”と絶賛されていたという事です。


その縁から石原裕次郎さんの代表作である「太陽にほえろ!PART2」では、1期でボス役・藤堂俊介係長に代わって篁朝子係長役としてボス役という大役を演じています。


詳しい交友関係については、後ほど紹介したいと思います。


これから育っていく可愛い後輩達を、大事に育てて欲しいですね!
 

スポンサーリンク

奈良岡朋子さんの若き頃の経歴などについて!学歴も!



劇団民藝の創設時からメンバーとして創設に関わり、現在はメンバーから経営者へと変わった奈良岡朋子さん。


ここでは、奈良岡朋子さんのこれまでについてまとめていきたいと思います。


奈良岡朋子

<奈良岡朋子さんプロフィール>

★生年月日:1929年12月1日

★出身地:東京都文京区

★職業:女優・声優・ナレーター

★所属事務所:劇団民藝(現・劇団民藝法人取締役兼劇団共同代表)

出典先:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%B2%A1%E6%9C%8B%E5%AD%90

1948年に劇団民藝を経て、芸能界入りを果たした奈良岡朋子さん。


東京都立白鴎高等学校在学中の1945年に青森県弘前市に疎開し、青森県立弘前中央高等学校と女子美術大学をそれぞれ卒業。


1948年には、民衆芸術劇場付属の俳優養成所に1期生で入所して「女子寮記」の寮生役として初舞台を踏みました。


1950年の劇団民藝創設に参加して、旗揚げ公演の「かもめ」に小間使役で出演。


1954年「煉瓦女工」で初めて主役を熱演し、「イルクーツク物語」のワーリャ役や「奇跡の人」のサリバン役などにも出演をしています。


その後しばらくメンバーとして活躍した後、民藝創設者の宇野重吉さんと滝沢修さんの後を受け継いで大滝秀治さんと共に代表へと就任。


舞台をメインとして、特に橋田壽賀子さんの脚本作品ではナレーターとして頻繁に起用されていることでも知られています。


舞台やテレビドラマのほかに、映画では「どですかでん」や「はなれ瞽女おりん」などにも抜擢され、人気女優として活躍してきました。


大物俳優や女優などの芸能人と交友が深く、石原裕次郎さんが”最も尊敬していた女優”として名前を挙げていて、ボス役の藤堂俊介係長に続けて「太陽にほえろ!PART2」でボス役の篁朝子係長として、初期の「太陽にほえろ!」でも石原裕次郎さんと共演したこともあるんだとか。


杉村春子さんとは、舞台やドラマ「おんなの家」シリーズでの共演が縁となり、生涯に渡って実妹のように可愛がっていたそうです。


田宮二郎さんは他界した際に、奈良岡朋子さん宛てに遺書を残していて、こちらも実兄と実妹のように思っていたようです。


過去にも徹子の部屋に出演したことがあり、黒柳徹子さんとはデビューから親交があるという事で、番組開始当初から現在まで定期的に出演。


父の奈良岡正夫さんとの貴重な絵画を、黒柳照子さんに進呈したことなどもありかなりの交友関係があるという事です。


今回の放送でも、仲の良い2人が見れるかもしれませんね!


今後も数多くの人と交友関係を築いて欲しいと思います。

管理人管理人

現在は未婚で、今後も劇団民藝の代表や経営をしながら、女優としての活動も継続されていくだろう奈良岡朋子さん。
家族がいない代わりに、劇団民藝で在籍している俳優さんや女優さんを大事にしていくと思われます。
これからも、経営者として1人の女優として2足のわらじを履いて活動されていくでしょう。
今後の進展とこれからの健闘を祈っています。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す