1981年に、ミュージカル女優として活動を開始した野村玲子(のむらりょうこ)さん。


近頃あまり見かけなくなりましたが、現在はどのような活動をされているのでしょうか。


少し気になったので、調べてみました。

野村玲子さんは今どうしてる?退団した理由は?



日本のミュージカル劇団として有名な「劇団四季」


野村玲子さんは、1983年から劇団四季の劇団員として活動されていました。


実は現在もミュージカル女優として活動を続けていて、「ストレートプレイ」という演劇などに多く出演されているという事です。


さらに調べていくと、野村玲子さんは人気絶頂のなか2015年に劇団四季を退団されています。


主な理由としては2003年当時、劇団四季の代表を務めていた浅利慶太さんとの結婚後に浅利慶太さんが代表を退任したからとのこと。


2015年に浅利慶太さんが認知症を発症し、劇団の運営を心配した劇団員が退任を要求したんだとか。


いくら地位の高い役職に就いていても、身体の調子が悪ければ体調を整えるのが最優先ですからね。


退団後は浅利慶太さんが「浅利演出事務所」を設立。


劇団四季を退団した元団員などを再集結させ、新たな体制で代表としての活動を続けています。


もちろん、野村玲子さんも浅利演出事務所に所属している劇団員として在籍しています。


これからも、夫婦で仲良く活動を続けていくと思われます。

旦那は浅利慶太さんで子供は浅利陽介さん?



劇団四季の代表を退いた後に、個人の事務所を設立した浅利慶太さん。


代表の他にも「四季株式会社」の会長と芸術監督も務めました。


浅利慶太さんは東京都の出身で、千代田区麹町小学校と慶應義塾高等学校を卒業した後に慶應義塾大学の文学部仏文学専攻を中退。


劇団四季の活動以外は、1958年に石原慎太郎さんを始めとする若手の文化人と「若い日本の会」を結成し、60年安保の反対活動に参加。


1961年には日生劇場制作営業担当取締役に就任し、1969年には日本ゼネラルアーツを設立。


1966年~1975年まで、越路吹雪リサイタル公演を日生劇場において演出しました。


1985年12月、ミラノ・スカラ座での演出や太平洋戦争や日中戦争を題材とした、「昭和三部作」の上演を行ないました。


そして近年の活動としては、2015年3月に浅利演出事務所を設立後に劇団四季とは別の独自演劇活動を開始しています。

浅利慶太


〈浅利慶太さんプロフィール〉

★生年月日:1933年3月16日

★出身地:東京都

★活動期間:1950年

出典先:wikipedia

気になるお子さんについてですが、ネット上では俳優の浅利陽介さんが息子なのでは?という情報が多数ありました。


しかし調べたところ、どうやらお2人の間に子供さんはいらっしゃらないようでした。


浅利陽介さんとも名字が同じというだけで、特に親戚関係は無さそうでした。


子供がいないからといって、決して不幸だという訳でもないですからね。


これからも、ご夫婦ともども支え合いながら頑張って欲しいと思います。
 

スポンサーリンク

野村玲子さんの詳しいプロフィールを紹介!



ミュージカル女優の活動を中心に、現在も活動中の野村玲子さん。


最後に詳しい経歴をたどっていきたいと思います。

野村玲子


〈野村玲子さんプロフィール〉

★生年月日:1961年8月21日

★出身地:北海道旭川市

★職業:女優

★活動期間:1981年~

出典先:wikipedia

野村玲子さんは、北海道旭川商業高等学校を卒業後に富士銀行旭川支店に勤務。


1年間勤務した後、幼い頃からの夢であったミュージカル女優を目指すようになります。


1981年に上京した野村玲子さんは、劇団四季の研究所に入所した後、1983年に劇団員へと昇格して「エビータ」で初舞台を踏みました。


エビータの他には、「ジーザス・クライスト=スーパースター」のマリア役や「コーラスライン」のディアナ役などで出演。


当時の劇団四季を引率する看板女優として活躍していきます。


堅実な演技力は、多くの観客を魅了させ、日本を代表するミュージカル女優としても高い評価を受けていました。


上記以外の代表作には「ユタと不思議な仲間たち」「赤毛のアン」「ハムレット」「エビータ」などがあります。


劇団四季を退団後は、主にストレートプレイを中心に活躍を続け、2003年に浅利慶太さんと結婚。


2015年からは、浅利慶太演出事務所でミュージカル女優の活動を行い、第1弾の上演作品「オンディーヌ」に出演しました。

〈野村玲子さんの主な出演作品〉

★赤毛のアン:アン・シャーリー役

★アンチゴーヌ:アンチゴーヌ役

★エビータ:ミストレス、エビータ役

★オペラ座の怪人:クリスティーヌ・ダーエ役

★オンディーヌ:オンディーヌ役

★キャッツ:シラバブ役

★コーラスライン:ディアナ、マギー役

★ハムレット:オフィーリア役

★美女と野獣:ベル役

★ユリディス:ユリディス役

出典先:wikipedia

さて、野村玲子さんの若い頃の画像もありましたので紹介をしておきます。

野村玲子 若い頃



こちらが、若かりし頃の野村玲子さんだという事です。


今も綺麗な方ですが、昔はさらに際立っていますね。


これからの活動にも注目したいと思います。


管理人管理人

幼い頃からの夢である、ミュージカル女優として現在も活躍している野村玲子さん。
今後も、浅利慶太さんと共に良きパートナーとして活躍していきそうです。
これからの活動に期待したいですね!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す