1986年に芸能界デビューを果たし、これまで歌手・女優として活躍してきた畠田理恵(はただりえ)さん。


最近は見かけなくなったせいか、現在では結婚を理由に芸能界を引退しているとの情報と病気療養中であるという噂を聞きました。


あんなに活躍していた彼女が、どのようにして現在に至るのか気になったので調べてみることにしました。

畠田理恵さんはプロ棋士・羽生善治さんの妻で2児の母!



1986年に、歌手・女優としてデビューした畠田理恵さん。


これまでに、数多くの曲とドラマや映画などに出演されてきました。


まずは、畠田理恵さんのプロフィールからご紹介したいと思います。


畠田理恵

<畠田理恵さんプロフィール>

★本名:羽生理恵

★生年月日:1970年11月10日

★出身地:大阪府堺市

★血液型:A型

★職業:歌手・女優

★活動期間:1986年~1996年

出典先:wikipedia

30代生まれの方なら、この顔をご存知の方も多いのではないでしょうか。


僕も小さい頃は、良くドラマで拝見をしていた女優さんの1人です。


大阪府堺市の出身で、大阪府和泉市という地で育ったという畠田理恵さんは、学校も地元だったとのことで調べてみたところ、小学校が和泉市立伯太小学校で中学は箕面市立第二中学校をそれぞれ卒業されていることが分かりました。


畠田理恵さんが芸能界入りをするきっかけとなったのが、1985年10月に行われた「’86ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」というオーディションで、Momoco賞を受賞したことだったそうです。


受賞後は、これまた地元である大阪福島女子高等学校に進学をしていくなかで、月刊雑誌「Momoco」が主催する「第2回ミスモモコクラブ」においてなんと「ミスMomoco」グランプリを受賞します。


それからビッグアップルにスカウトされて悩んだ結果、芸能界入りすることを決意して大阪福島女子高等学校を中退して上京し、「Momoco」のグラビアやTBSテレビの「モモコクラブ」にレギュラー出演をするようになります。


ここからが、畠田理恵さんの本格的な芸能活動の開始ということになりますね!


1987年3月には、ワーナーミュージック・ジャパンのリプリーズレーベルより「ここだけの話 ?オフレコ?」という曲で、アイドル歌手としてもデビューを果たします。


当時では、想像のつかない未成年ながらも大胆な歌詞を歌いこなしたことで、かなり話題になったんだとか。


畠田理恵さんが人形のような正統派美少女キャラクター的存在だったため、「青春キャンパス」に出演した際に、谷村新司さんから「ガラスケースに入れて飾って置きたくなるような子だ」との評価を受けたこともあるんだそうです。


僕個人の意見としては、歌手といえば可愛いといったようなイメージがあるので、かなり可愛かったのではないかと思います。


1988年は、シングル「Kissよりつねって」の発売を最後に歌手中心の活動から女優メインの活動へ転向することを決意して、以降は女優としてドラマや映画などに多数出演するようになります。


1990~91年に放送されたNHK連続テレビ小説「京、ふたり」では、ダブルヒロインの一人として漬物屋の若女将役を演じたのが女優デビュー作品となっています。


歌手から女優と転向して順調な芸能生活を送っていた畠田理恵さんでしたが、1996年3月28日に将棋棋士の羽生善治さんと結婚したことで芸能活動を引退することを発表。


引退後は、1997年7月に第一子となる「舞花さん」が誕生し、1999年11月には第二子となる「桃花さん」が誕生しました。


現在は舞花さんが20歳で、桃花さんも18歳ということなので、子育てからは離れているのではないかと思います。


いつしか、2人とも社会人になったお母さんの意志を受け継いで、将来は芸能デビューというのもあり得ない話しではないでしょうね。


畠田理恵さんとしては、娘さんたちの今後が気になって仕方なのではないでしょうか。
 

スポンサーリンク

畠田理恵さんの夫・羽生善治さんってどんな人?



現在は芸能界を引退されているという畠田理恵さんでしたが、そんな彼女を家族・夫として支えているのは将棋棋士の羽生善治さんです。


羽生善治さんは、現在でもプロの将棋棋士として活躍されていて、”永世七冠”の偉業を持つ凄い方なんです!


ここで羽生善治さんのプロフィールを紹介したいと思います。


羽生善治

<羽生善治さんプロフィール>

★生年月日:1970年9月27日

★出身地:埼玉県所沢市

★プロ入り年月日:1985年12月18日

★師匠:二上達也

★一般棋戦優勝回数:44回

出典先:wikipedia

羽生善治さん、僕の好きなアニメ「3月のライオン」に出てくる宗谷冬司にソックリです。(ご存知ない方はすみません)


羽生善治さんが将棋と出会ったのは小学校1年生の頃で、近所に住む同級生から将棋の駒の動かし方を教わったことがきっかけだったそうです。


小学2年生の夏に、将棋で熱中している我が子見た母が将棋道場「八王子将棋クラブ」の「第1回夏休み小中学生将棋大会」に出場を申し込んだことで大会デビューを果たし、それがきっかけで、毎週末に八王子将棋クラブへ通うようになります。


小学3年生の時に初段と小学4年生の時に四段、5年生の時に五段と学年が上がるにつれて昇級を重ねていわゆるアマ強豪のレベルとなります。


小学生の時点で、この腕前とはかなりの上達ぶりですよね!


ちなみに、僕は将棋はまったく分からないので尊敬したいくらいです(汗)


その後も羽生善治さんの勢いが衰えることはなく、中学校在学中に奨励会入会試験に合格して以降は、1年あまりで6級から初段に昇段するなどの驚異的な速度で、さらに昇級・昇段を重ねて1985年12月18日に三段での13勝4敗を記録。


この成績をもって当時の規定により、四段となりプロに昇格した羽生善治さんは加藤一二三さんと谷川浩司さんに続く史上3人目の中学生棋士となりました。


プロの中学生棋士といえば、今年かなりの話題を呼んだ藤井聡太さんがいますよね!


先日の東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第3期叡王戦本戦トーナメントにも出場して、まさかの1回戦でA級在籍棋士の深浦康市さんに敗れてしまいましたが、これまで29連勝という将棋の世界においてはとんでもない偉業を成し遂げています。


藤井聡太さんの前に永世7冠という偉業を成し遂げて、中学生でプロ棋士として活躍しているので羽生善治さんはまさに中学生棋士の先輩といっても過言ではないですよね!

畠田理恵さんの最近は病気との噂!?ドラマ出演作も調べた!



これまでに歌手・女優として活躍して、結婚をきっかけに芸能界を引退した畠田理恵さん。


現在は子育てからは離れたとのことで、ごく普通で幸せな毎日を送っていると思いますが、近年になって治療療養中ではないかとの情報をキャッチしました。


このことについて調べてみたところ、畠田理恵さんが結婚する時期が羽生善治さんの偉業を成し遂げたのと重なってしまったことから、財産目当ての結婚ではないかなどとの噂が広まったそうです。


結婚報道が出回ってから結婚式を挙げる前までに、週刊誌や新聞記者などの報道陣が真相を聞きだそうと羽生理恵さんを追いかける日々が続いたんだとか。


それがきっかけとなり、羽生理恵さんが「統合失調症」になってしまった時期があったようです。


いくらなんでも、財産目当てだとか名誉目当てだとかで決めつけたりして取材するなんて正直どうかと思います。


取材をする人は取材される方のスケジュールや様子などを見た上で取材をするべきではないのでしょうか。


僕でも追いかけられる日々が続いたら精神的にやられてしまいますね。


現在は回復しているとのことで安心しましたが、今後取材する方は気をつけて欲しいですよね!


そして最後に、畠田理恵さんが女優として活躍していた時代のおもな出演作品についても調べてみたので、そちらもご紹介したいと思います。

<畠田理恵さんドラマ出演作>

★ママはアイドル(1987年)

★隠密・奥の細道(1988年)

★名奉行 遠山の金さん(1990年)

★しゃぼん玉(1991年)

★「京、ふたり」(1990年~1991年)

★裸の大将放浪記(1993年)

★「新・赤かぶ検事奮戦記」(1994年~1995年)

★NHK大河ドラマ「八代将軍 吉宗」(1995年)

★味いちもんめ(1995年)

★「ふたりっ子」(1996年~1997年)

出典先:wikipedia

以上が畠田理恵さんのおもな出演作品になります。


上記作品以外にも数多くの作品に出演されているので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

管理人管理人

歌手・女優としてデビューし、結婚をきっかけに芸能界を引退した畠田理恵さん。
現在は一般人として、ごく普通の生活を送られているということで、これからもお身体に気をつけて末永く幸せに暮らして欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す