4月24日(日)放送予定の『情熱大陸』に猫の専門病院を開業した獣医師・服部幸(はっとりゆき)さんが登場します!


近年、猫特集を組んだ雑誌は部数を伸ばし、街には“猫カフェ”も出現しており、猫ブームが到来していますね。


今回は、猫に関する事なら何でも分かっている服部幸さんについて調べてみました!


過去の情熱大陸の記事も人気です!

田根剛(建築家)の経歴や結婚は?大学や年収も!「情熱大陸」

情熱大陸に岩田雅裕医師!カンボジアで働く理由!経歴や家族は?


獣医師・服部幸さんのプロフィールや経歴と年齢は?学歴や大学も!



服部幸
<服部幸さんのプロフィール>

・勤務先:東京猫医療センター

・出身地:愛知県

・生まれた年:1979年(現年齢37歳)

・最終学歴:年北里大学獣医学部 卒業


服部幸さんの生家は、愛知県で獣医師の家で誕生しました。


父親がキャットショーの審査員をしており、子供の頃から猫に関する本に囲まれて育ったことも影響して、小さい時から野生動物に興味を持っていたみたいです。


獣医の大学を卒業していますが、服部幸さんはもともとは獣医学者を目指していました。


しかし、大学で病理学の教授と出会ったことがキッカケで、服部幸さんに大きな転機が訪れます。


教授のゼミにも所属をしていて、主に全国の動物病院から送られてくる動物の腫瘍を診断していました。


その時に、獣医に関しての技術などを学び、今の医療に活かしているとのことです。


動物の病気と向き合っているうちに飼い主さんの気持ちも考えるようになり、双方にとって役に立つ仕事に就きたいと思いはじめたそうです。


それができるのが獣医師だったので、獣医の道を進んでいく事を決意します。


大学を卒業後は、2年半の動物病院勤務を経てから「SyuSyu CAT Clinic」の院長となります。


2006年には、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。


猫は、とても敏感な動物で他の動物がいたりすると、もの凄くストレスを感じてしまうみたいです。そのため、猫専門の病院が必要であると語っています。


2012年に「東京猫医療センター」を開院。


2014年には、JSFM(ねこ医学会)理事になります。


以降、猫の専門医療に携わっています。


猫に関しての知識は、素晴らしく著書も出版されています。


皆さんは、犬派ですか?ネコ派ですか?僕は、犬よりも断然ネコ派です(笑)
 

スポンサーリンク

服部幸さんの年収は?



服部幸さんの年収に関する情報はありませんでしたので、獣医師の平均的な年収を参考に書きます。


動物病院の平均的な月収は、地域によって異なるみたいですが、23万円前後になります。


院長の場合だと、35万円前後になり、技術と経験により収入も上がります。


平均的な年収は、雇われで働く場合だと、350万円~450万円となります。


また、開業医になると自由診療になるため、病院が人気になれば、数千万円クラスになってきます。


東京猫医療センターはメディアでも取り沙汰されていますので、それを踏まえると服部幸さんの年収は数千万円になる事は間違いないと思います。

東京猫医療センターの場所や費用を紹介!



東京猫医療センターでは、出来るだけ病院という雰囲気にならないように心がけているそうです。


病院に行くことは飼い主さんにとってもストレスを感じることなので、そのストレスを少しでも軽くしていただけるように造ったと語っています。


院内の造りに関しては、猫の事を気遣って様々な工夫がされているみたいですね。


初診の場合は、特に気を使うみたいです。


セカンドオピニオンで来院される飼い主さんが多く、病気が良くならなかったり、今まで通っていた病院に不安を感じていたり、とても緊張された状態で来院されるため、まずは、飼い主さんにリラックスしていただくために問診を行うとの事です。


服部幸さん曰く、初診の時の問診はかなり重要視しているとの事です。


病院側としても、飼い主さんとの信頼関係を築く事が、何よりも大切なんでしょうね。
東京猫医療センター
<東京猫医療センターのアクセス>

住所:〒135-0004東京都江東区森下1-5-4

電話:03-6240-2271

定休日:水曜日


診療時間は以下の通りです。


月曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

火曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

木曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

金曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

土曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

日曜日:09:00-12:00、16:00-19:00

祝日:09:00-12:00、16:00-19:00


費用に関しては、一般的な町の動物病院よりは割高となっています。

(例:尿検査3240円、エコー腹部5400円 保険適用無時)


しかし、猫しかいない環境や何より専門知識と技術の享受の値段と考え納得との評判です。


飼い主さんにとったら、生活の一部となっている猫ちゃんは、それこそ家族も同然だと思います。


費用よりも、その子の命が大事と考えるのが当然でしょうね。


服部幸さんは猫ちゃんの治療に関して、この様にも語っています。

猫は本能で病気を隠してしまう動物ですので、猫ちゃんが少しでもいつもと違うと思ったら、病院で診察を受けてください。そして、猫ちゃんとスキンシップすることはとても大切です。信頼関係が深くなるだけではなく、少しの体調の変化にも気づいてあげられるようになります。猫も人間と同じように病気は早期発見、早期治療が大切です。

東京猫医療センターのホームページはこちらです。


獣医師やお医者さんに関するこちらの記事も人気です!

齊藤慶輔(獣医師)の結婚や経歴と子供って!病院・研究所も紹介!



管理人管理人

今回は、東京猫医療センターの服部幸さんについて調べてみました。
猫に関することなら、人間の事よりも詳しいというスペシャリストでした。
今後の服部幸さんの活躍からも目が離せません!

 

スポンサーリンク