毎回、さまざまな仕事の流儀を番組内で紹介している「プロフェッショナル」


5月30日(月)に放送予定の次回は「命の医療チーム、母子の伴走者」と題して放送する予定です。


今回ご紹介するのは次回放送予定の主人公で産婦人科医師の荻田和秀さんです。

荻田和秀医師はどんな人物?経歴や学歴紹介!



今回ご紹介するのは、5月30日(月)22時25分~放送予定の「プロフェッショナル」に登場予定の荻田和秀さん。


荻田和秀さんは現在、大阪府泉佐野市にある「泉州広域母子医療センター」で産婦人科の医師として活躍中の医師です。


今回のプロフェッショナルでは、どのような仕事の流儀を教えてくれるのでしょうか。


今回はまずはじめに荻田医師の主な経歴からご紹介していきます!

荻田和秀
<荻田和秀さんプロフィール>

★生年月日:1966年3月1日

★血液型:O型

★学歴:香川医科大学 卒業

★職業:産婦人科医師・ジャズピアニスト


現在、産婦人科の医師として主に活躍されている荻田和秀さん。


荻田和秀さんは香川医科大学を卒業後、大阪府のいくつかの病院を経て現在勤務している「泉州広域母子医療センター」で勤務しています。


泉州広域母子医療センターでは「医療センター長兼産婦人科部長」として勤務。


その他に「りんくう総合医療センター」と「周産期センター」でも、医療センター長と産婦人科部長を兼任されています。


産婦人科医師としての道を、突き進んでいらっしゃるみたいです。


しかし、荻田和秀さんには産婦人科医師とは別にもう一つの顔があります。


それは産婦人科医師と同時にジャズピアニストでもあるということ。


荻田さんは大学時代に進路に悩み、自身の趣味である音楽への道を最初は考えていました。


その後は、大学を卒業後に勤務した母子医療センターでキャリアの転機を迎え、徐々に医師としての道を歩むように。


しかし、音楽の道も忘れることができずに悩んだ結果で、荻田和秀さんは医師と音楽の道という異色の道を進むことにしたんだとか。


もし、医師の道を選んでいなかったら確実に音楽の道に進んでいたみたいです。


それにしても、「医師」と「ピアニスト」という職業を合わせ持つ人はかなり珍しいですよね!

医師とピアニストの顔を合わせ持つ荻田和秀さんの年収は?



今回のプロフェッショナルでは、主に医師としての顔を紹介される予定の荻田和秀さん。


そんな、荻田さんの医師とピアニストの年収はどれぐらいになるのか気になるところであります。


一般の平均年収をもとに推測してみたいと思います。

あくまでも推測なので、ご参考にしてもらえると幸いです。

 

スポンサーリンク

まずは「医師」の平均年収。



荻田和秀さんは現在、大阪府にある泉州広域医療センターでセンター長と産婦人科部長を兼任しています。


産婦人科医師の主な平均年収は、5年の経験で1300万円ぐらいです。


産婦人科医師といえば女性が多いイメージですが、最近は男性の産婦人科医師も増えてきています。


続いては「ピアニスト」の平均年収。


ピアニストといえばさまざまなジャンルがありますが、荻田和秀さんが活躍しているジャンルは「ジャズ」ですね。


ジャズピアニストの平均年収は28万円とのこと。


売れればもっと貰えるようですが、平均的にはこのくらいなんだとか。


産婦人科医師と比べると、かなりの差があることが分かります。


恐らく、趣味の範囲でピアノはされいるのではないでしょうか。


そのため、荻田和秀さんは給与の高い産婦人科医師の活動を主にされているかもしれません。


以上の観点から、推測される荻田さんの平均年収は約「1600万円~」ということが推測されます。


それぞれ違う職種なので、両立は厳しいと思いますが珍しい掛け合わせなので今後の進展が気になりますね!

荻田和秀さんが勤めている「泉州広域医療センター」とは?



今回プロフェッショナルに登場予定で、医師とピアニストの異色の経歴を持つ荻田和秀さん。


荻田和秀さんが医師として主に活動している「泉州広域医療センター」とはどんなどころなのでしょうか。


荻田さんの職業からしてある程度の予想は出来ますが、調べてきました。

泉州広域医療センター

★住所:〒596-0004 大阪府岸和田市荒木町1丁目1−51




余談ですが昔、僕が住んでいた町の近くでした。


泉州広域医療センターとは、大阪府にある広域医療センター。


大阪府泉佐野市にある「りんくう総合医療センター」と貝塚市にある「市立貝塚病院婦人科医療センター」が一体化して誕生しました。


なかでも大阪府泉南地区では、2006年頃から産婦人科医療崩壊寸前の危機に陥ったそうです。


この問題を解消するために、泉佐野市と貝塚市を中心とした近隣の市町村が資金を出し合って現在の泉州広域医療センターが誕生しました。


泉州広域医療センターの誕生により、泉南地区は徐々に産婦人科医療が回復。


現在も回復傾向にあります。


さまざまな医療技術が発達している中での回復なので、今後もさらなる向上が期待されますよね!


今後も総力を上げて未来の医療に繋がっていってほしいです!


関連記事:

大阪の医師ならこの人も負けない!岩田雅裕医師をチェック!

高学歴の須磨久善医師ってどんな人?天才は何をさせても天才!


管理人管理人

産婦人科医師として主に活動していく一方でジャズピアニストとしての経歴も合わせ持っている荻田和秀さん。
今回のプロフェショナルでの出演は「医師」と「ピアニスト」の経歴を持つ方への流儀になりそうです。
気になる方は5月30日(月)のプロフェッショナル~仕事の流儀~をぜひご覧ください!

 

スポンサーリンク

人気記事

コメントを残す