今年も残すところ後僅かとなってきたところで、またもや芸能界に激震が走りました。


成宮寛貴さんの突然の芸能界引退報道で、世間ではこの話題で持ちきりになっています。


今年の芸能界は、ベッキーさんの不倫騒動やSMAPの解散発表など、話題が沢山ありすぎというくらい多かったように思います。


中でも注目を集めていたのが、芸能界に蔓延する芸能人の薬物使用による逮捕者の続出でしたね。


2016年最初に逮捕されたのは、元プロ野球選手の清原和博さん


その後に、高島礼子さんの元夫である俳優の高知東生さんが逮捕され、一気に世間の注目は芸能人の薬物疑惑に注目が集まりました。


参議院議員選挙に立候補をした女優の高樹沙耶さんも沖縄で逮捕されました。


そして、再犯容疑でチャゲアスのアスカさんが、つい最近またも捕まってしまいましたね。


ネット上の情報ではまだ氷山の一角で、他にも薬物を使用している芸能人のイニシャルが話題になっていて、色々な記事で推測を立てていらっしゃいます。


成宮寛貴さんは、コカインを使用したとしてフライデーの記事に書かれてしまいました。


まずは、今回の情報についてまとめたいと思います。

成宮寛貴さんがリークされた記事の内容とは?



最初に、成宮寛貴さんがフライデーにリークされたのは、2016年12月2日発売の雑誌でした。


薬物を使用している?と思われる画像も掲載されており、信憑性がかなり高い内容の記事という事で芸能界でも早速話題となっていました。


しかし、成宮寛貴さん本人は薬物使用を完全に否定。


もちろん、事務所側も黙ってはおらず

「記事は事実無根。断固として抗議し、あらゆる法的措置をとって参る所存です」

このように、コメントを発表しました。


しかし、フライデーの方も記事にした以上は「ネタはまだある!裁判は受けてたちますよ!」と一切引かない姿勢をみせました。


この事に対して、今では芸能界の中でご意見番となっているダウンタウンの松本人志さんもコメントをされました。

「フライデーはよっぽど自信持ってやってるんでしょうね。下手したら廃刊ですよ」

テレビ番組でも、ハッキリと松本人志さんはフライデーに対して、もし間違った情報だったら廃刊ですと明言されました


では、実際に成宮寛貴さんは薬物を使用していたんでしょうか。
 

スポンサーリンク

尿検査ではシロ!リークした友人とは?



成宮寛貴さんの事務所側は「報道が事実ならば本人を解雇するしかない」とおっしゃていました。


しかし、7日に成宮寛貴さん本人が尿検査をしたところ、薬物使用の反応は出なかったという事です。


では、成宮寛貴さんをリークした友人とは誰なんでしょうか。


どうやらネット上の情報では、成宮寛貴さんは若手俳優の時から新宿2丁目に出入りをしていて、男性とのお付き合いがあったんだとか。


付き合っている男性も数人いたみたいで、その中の1人がリークをしたという噂が広がっています。


成宮寛貴さんは、薬物使用に関してはシロでしたが、精神的なダメージをかなり受けたとして突如、芸能界を引退するというコメントを発表しました。
成宮寛貴 引退コメント


これが、成宮寛貴さんがメディアに公表した実際のコメントになります。


少し殴り書きで書いた様にも思えますね。


相当な心の傷を負ってしまったのかも知れません。


成宮寛貴さん、本当に芸能界を引退してしまうんでしょうか。

事務所はフライデーに賠償金を支払う訴訟を起こす?過去に週刊誌に対して訴訟を起こした芸能人達!



最後に過去、実際に訴訟を起こした芸能人達を例に賠償金の訴訟を起こすならいくら位なのか、考察してみました。


まずは1例目として、過去に清原和博さんが小学館を相手に名誉を傷つけられたとして5000万円の損害賠償金を請求しました。


最終的に判決では、清原和博さん側が勝訴して600万円の支払いが小学館に下りました。


2例目は、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんが清原和博さんと同様、名誉毀損を受けたとして週刊文春に対して、1億700万円を請求しこちらもジャニー喜多川さんの勝訴となり、週刊文春は880万円の支払いの判決が下っています。


3例目は、楽天の三木谷浩史社長が名誉毀損で、週刊新潮に計14億8000万円の賠償金を支払う訴訟を起こしました。


これに対して、裁判所は週刊新潮に対して990万円の支払いを行うように判決が下りました。


4例目は、過去に話題になった相撲八百長疑惑で北の湖前理事長が、講談社に対して1億1000万円の訴訟を起こしました。


裁判所は北の湖前理事長の意見を容認し、講談社に対して1540万円の支払いと、記事取り消し広告の掲載という判決を下しました。


このように、過去の事例を見ても芸能関係側が週刊誌に対して、訴訟を起こしているケースが結構あります。


恐らく、成宮寛貴さんの事務所も賠償金の訴訟を起こすなら億単位になるだとろうと思います。


今回、成宮寛貴さんは検査を受けて、薬物の疑惑は払拭されているので勝訴すれば間違いなく過去最高の賠償金になるだろうと予測しています。


しかし、裁判となれば成宮寛貴さんも法廷に起たなければいけないと思います。


成宮寛貴さんの心のケアなどを考えたら、事務所側もこの件に関しは今後、慎重に動いていくかも知れません。


とりあえずは、今年最後のビッグニュースとなったのは間違いなさそうですね。


成宮寛貴さんの関連記事:

成宮寛貴さん海外でデザイナーに!?動向が気になる!!

 

スポンサーリンク