毎週、日曜日の23時から放送中のMBS系列『情熱大陸』に、伝説のロックバンド「レベッカ(REBECCA)」が登場します。


1980年代に一世を風靡し、現在でも多くのファンから絶大なる支持を得ているレベッカ。


解散から、26年経った現在の活動やメンバーなどについても調べてみました。

レベッカって解散後はどうなったの?メンバーのプロフィールも!



1984年に結成され活動を開始し、1991年に人気絶頂のなかで解散したレベッカ。


当時の音楽界に、大ブームを巻き起こしたと言っても間違いはありません。


1991年に解散はしたものの、1995年と1999年~2002年、2015年と再結成をしています。


そして、今年の7月28日と9月1日に約28年半ぶりとなる、全国ツアーを開催することが発表されました。


これまでに、多くのヒット曲を誕生させてきたレベッカのメンバー全員の年齢が現在は50代になるんだとか。


ここでメンバーについてまとめてみました。

ボーカル:NOKKO


NOKKO
引用元:http://jp.yamaha.com


★本名:山田信子

★生年月日:1963年11月4日(53歳)

★出身地:埼玉県さいたま市

★所属事務所:ワタナベエンターテインメント

出典先:wikipedia

1983年に歌手デビューを果たし、1984年からレベッカのボーカルを務めているNOKKOこと山田信子さん。


現在でも歌手活動は継続していて、レベッカのメンバーとして活躍する一方で作詞家や作曲家・ナレーターとしても活躍されています。


レベッカに加入する前は、シンガーソングライターとして活動していたそうです。


実質、レベッカの顔ともなっており、世間からもかなり認知度が高いメンバーの中心人物であります。


ベースを務めていらっしゃる高橋教之さんと一緒で、レベッカ結成当初からのメンバーになります。


そんなNOKKOさんですが、とても波乱な人生をこれまでに歩んでこられたようです。


ファンにとっては、有名な事みたいなのですが、NOKKOさん過去に結婚と離婚を経験されています。


最初に結婚をしたお相手は、レベッカの初代リーダーである木暮武彦さんになります。


しかし、木暮武彦さんとは数年で離婚されています。


その後、再び結婚をされました。


次に旦那さんになったのは、音楽プロデューサーの保土田剛さんになります。


保土田剛さんとの間には、1人娘である長女も誕生しており、現在も家族で生活をなさっています。


そんな、NOKKOさんですが高齢で出産をした事から当時、産後うつだったのでは?といった噂もあったようですね。


しかし、今はレベッカも全国ツアーを開始されました。


NOKKOさん、病気など微塵も感じさせない、エネルギッシュなボーカリストとして復活をされています。
 

スポンサーリンク

キーボード/2代目リーダー:土橋安騎夫


土橋安騎夫
引用元:http://68.media.tumblr.com


★本名:土橋安騎夫(とばしあきお)

★生年月日:1960年9月19日(56歳)

★出身地:東京都三鷹市

★所属レーベル:STARFISH RECORDS

出典先:wikipedia

土橋安騎夫さん、大学を卒業後にレベッカへと加入。


1985年にレベッカを脱退した、小暮武彦さんに代わりリーダーに就任。


初代リーダー木暮武彦さんと2代目リーダー土橋安騎夫さんが、対談を行った事もあるそうでファンの間では話題になったんだとか。


現在もリーダーとして、メンバーを引っ張っていく存在になっています。


今はレベッカメンバーの他に、音楽プロデューサーや作曲家、編曲家、さらにキーボーディストとして活動をしており、多方面において活躍なさっています。

ベース/プログラミング:高橋教之


高橋教之
引用元:https://i1.wp.com


★本名:高橋教之(たかはしのりゆき)

★生年月日:1959年12月10日(57歳)

★出身地:神奈川県

出典先:wikipedia

メンバーのなかでは、最年長である高橋教之さん。


現在は、ベースを中心として多くのアーティストのレコーディングに参加されています。


他のメンバーと比べて、詳しい情報は公表してませんでした。


レベッカでは、NOKKOさんと同じく初代メンバーとして知られています。

3代目ドラムス:小田原豊


小田原豊
引用元:http://www.beeast69.com


★本名:小田原豊(おだわらゆたか)

★生年月日:1963年2月6日

★出身地:埼玉県さいたま市

出典先:wikipedia

1985年に、3代目ドラマーとして活動を開始。


解散後から現在は、スタジオ・ミュージシャンとして桑田佳祐さんや浜田省吾さんなどのレコーディングやライブにも参加しています。


スタジオ・ミュージシャンとドラマー以外の活動としては、プロデューサーとしての活動も行っているという事です。


ちなみに、ご結婚もされているという事でした。


以上が、レベッカメンバーの現在になります。


メンバー全員がレベッカを解散した後も、音楽活動をされているというところに共感を抱きました。


今後もみなさん音楽活動を中心に、活動していきそうですね。


全国ツアーも行うという事で、これからの進展も楽しみではないでしょうか。
 

スポンサーリンク

レベッカが解散した理由って?



人気絶頂のなかで突然の解散をしたレベッカ。


当時のファンにとっては、衝撃的なニュースだったのではないでしょうか。


あれほどの人気があったのに、解散へと至った主な理由を調べたところ

「売れるバンドを目指していてその目標が達成できたから。」

という事でありました。


売れるバンドを作るというNOKKOさんの目標が叶い、今後バンドを続けるにはNOKKOさん自身が精神的に大変と判断したんだとか。


当時、NOKKOさんはパニック障害と鬱病を患っていて、何度もライブ中やリハーサル中に症状が起きてしまうこともあったという事です。


もしパニック障害と鬱病がなかったら、解散などはせずに活動はされていたのかも知れません。


バンドが売れるというのはすごく良いことですが、その代償に体調を崩したりしてしまっては意味がないですよね。


しかし、今年の2017年に全国ツアーを行うという事なので、今後は復帰という形で継続して活動を再開される事だと思います。

レベッカの代表曲やこれまでについて!



「紅一点バンド」としても、認知度が高いレベッカ。


1984年に「ウェラム・ボートクラブ」で、メジャーデビューを果たします。


1985年には、アメリカのポピュラー音楽をオマージュしたサウンドプロダクションやNOKKOさんの魅力を出した曲調へと変わっていきます。


そして、この年に4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒットし、アルバムもミリオンセラーとなります。


これからの活動が期待されていましたが、1990年1月に行われたコンサートツアーを最後に活動を休止して1991年2月に解散という形へ。


その後、1995年の阪神・淡路大震災の復興支援のために4年ぶりとなる再結成を果たします。


1999年まで活動した後に、自然消滅のような形で活動を休止。


2015年に3度目となる再結成。


公式サイトもリニューアルされ、多くのファンを再燃させるも年内限定ということで、3度目の活動休止。


そして、4度目の再結成を果たした2017年は、約28年半ぶりに全国ツアーの開催が決定しました。


これからの活躍に期待できる、レベッカと言っても過言ではないと思います。


NOKKOさんの持病も気になるところですが、体調面などに気をつけて頑張って欲しいと思います。


最後に、レベッカの代表曲についてまとめてみました。

<レベッカ代表曲一覧>

・1984年:ウェラム・ボートクラブ

・1985年:フレンズ/ガールズブラボー!

・1986年:RASPBERRY DREAM

・1987年:MONOTONE BOY

・1988年:MOON

・1989年:LITTLE ROCK

・1999年:フレンズ~remixed edition~

・2000年:神様と仲なおり/HELLO TEENAGE

・2002年:Raspberry Dream/Tatoo girl

出典先:wikipedia

この他にも多くの曲をリリースし、現在でも多くのファンに愛されています。


管理人管理人

これまでに4度の再結成を果たし、現在でも多くのファンに愛されている「レベッカ」
ボーカルであるNOKKOさんの持病も気になるので、体調面などに気をつけて頑張って欲しいと思います。
これからの活躍にも期待しましょう!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す