ロンドン市長選では、初となるイスラム教徒のロンドン市長が誕生しました!


対抗勢力としては、保守党のゴールドスミスさんが出馬していました。


欧州連合(EU)加盟国の首都としては、初のイスラム教徒という事もあり大変話題となっています。


日本ではトランプ氏の報道一色で、世間の感心は全てトランプ氏に集まっていますが、ロンドンではこちらの話題で持ち切りです。


今回は、労働党のサディクカーンさんの記事を書きたいと思います。

サディクカーンさんの経歴や嫁と子供は?

サディクカーン
★生年月日:1970年10月8日(現在45歳)


サディクカーンさんの両親は、バス運転手を務める父親と裁縫師の母親がいます。


ロンドンの公営住宅で育ったサディクカーンさんは、人権派の弁護士から労働党政権の閣僚へと上り詰めた、いわゆる努力家タイプのエリートです。


大学はノース・ロンドン大学(現在のロンドン・メトロポリタン大学)に通われ、法学の学位を取得されています。


2005年の総選挙で下院議員に当選。2008年には、運輸大臣に任命されます。


2010年にブラウン内閣が退陣して以後は、「影の運輸大臣」として労働党の中枢で活躍。


今回の選挙で、対抗勢力であったゴールドスミスさんは、富豪投資家の息子。


今回、サディクカーンさんが当選した背景には、ゴールドスミスさんが「世情に疎い人物」と批判されていた事が原因でした。

サディクカーンさんはサッカーチーム・リバプールの大ファンなんだとか。

 

スポンサーリンク

もちろん結婚していて、奥さんの名前はサアディヤ・カーンさんです。



子供の名前は、 アニサ・カーンちゃん アマラ・カーンちゃんの女の子が2人います。

サディクカーンさんが崇高するイスラム教(ムスリム)とは?



イスラム教(正式名はイスラーム)は、唯一絶対の神を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教です。


ムスリムとは、イスラム教徒のことを指し、意味は「神に帰依する者」


世界全体では、キリスト教に次いで世界で2番目に多くの信者を持つ宗教で、約16億人の信徒がいるとされています。


サディクカーンさんの住む、イギリス(ロンドン)では国内第2位の信者数を有する宗教であり、国民の認知度も大変高いです。

サディクカーンさんのスピーチ動画



サディクカーンさんがメディアに対して質疑応答されている動画です。



僕は、英語はからっきしダメなんで何を話しているのか正直分かりません(汗)


今回の当選は、ロンドンの市民にとってサディクカーンさんへの期待の表れではないのでしょうか。


これからロンドンの町を、より良い町へと発展させていく事に期待したいと思います。


政治といえばこちらの記事も人気です!

野々村竜太郎の当選の経緯!現在は無職?海外の反応やセリフが面白い!

 

スポンサーリンク