毎週、様々な土地からたくさんの人やお店を紹介している『人生の楽園』


今回、楽園の舞台となる場所は東京都昭島市になります。


そして、紹介されるお店は昭島市で「小さなパン工房Osanpo」を営む真下伊紀子さんになります。


果たして、今回の放送ではどんな楽園が待っているんでしょうか。楽しみです!

東京都昭島市ってどんなところ?特産品も気になる!



昭島市は、都心より約35キロメートル西の多摩川の左岸に位置していて、多摩地域にある市になります。


読みは昭島市と書いて「あきしまし」と呼びます。僕は、てっきり「しょうじまし」だと思っていました。


歴史を辿ってみると、元々は「拝島」という地名でした。


拝島村から合併などをしていって、今の昭島市に変わったのは1954年(昭和29年)になるみたいですね。


人口の推移は、毎年上昇しており現在は11万人を超えています。


人生の楽園で取り上げる他の地域は、人口が減少傾向にある事が多かったりするので、地域活性化にもしっかりと取り組まれているんでしょうね!


次に、特産品を調べてみたら「あきしま夢くじら」という和菓子が有名みたいですね。


あきしま 夢くじら


クジラの形をしていて、とても可愛らしいです。


中には、小豆が入っていてお値段は1つ200円ほどになります。


昭島市にも、やはりいましたよ。ゆるキャラが!


アッキーアイラン


左の青いクジラが「アッキー」で、右のピンクのクジラが「アイラン」という名前なんだとか。


どうして、クジラをモチーフにゆるキャラが誕生したのかという事を探ってみたら、昭和36年に昭島市でクジラの化石が発見された事がキッカケになります。


発見された化石は、ほぼ完全な形を残した状態で見つかっており、これは世界でも初めてのことだったとか。


化石は昭島市の市役所の1階に展示されているという事なので、興味がある方は是非行かれて見てはどうでしょうか?

「小さなパン工房Osanpo」を営む真下伊紀子さんを紹介!



真下伊紀子


今回、楽園の主人公でもある真下伊紀子さんの年齢は63歳。


真下伊紀子さん、すでに結婚しており子供さんもいます。


結婚してからは、子供のために料理はもちろん洋服、菓子など何でも手作りしたみたいです。

木工にも夢中になり、学習机や家具まで作っていたんだとか。

 

スポンサーリンク

主婦がここまでするって、凄いと思いますね。



50代になり子育てが一段落した時に「自分の人生でこれをやった」と言えるような何かに挑戦したいという思いを強くし、店を始めることを決意をします。


このチャレンジ精神、僕は嫌いじゃないですね。むしろ感服します。


古い民家を借りて、DIYの腕を生かして、なんと全て自分の手で改装してしまったというのも驚きです。


パン屋さんは、開店時には行列ができるほどの人気で、忙しい時には長女も手伝いに来てくれるとか。


家族揃って、何かを一緒にやるってホントに素敵ですね。


次に、真下伊紀子さんが経営するお店を紹介します!

昭島市にある「小さなパン工房Osanpo」の値段やパンの種類とお店の場所を紹介!



小さなパン工房Osanpo


『小さなパン工房Osanpo』は大好評で、毎週、行列が出来るほどの人気ぶりなんだとか。


パンも沢山の生地を作り分けて、具材から手間暇かけて作っているみたいです。


お客さんの間では「あたたかなお母さんのパン」と呼ばれている「小さなパン工房Osanpo」には、どんなパンがあるんでしょうか。


調べてみたら、どうやら週替わりでお店に出されるパンが変わるみたいです。


先週、出されたパンのメニューはこちらです。

★上等な食パン

★オレンジ食パン

★レーズンミニ食パン

★コーヒーチョコチップミニ食パン

★黒ごまミニ食パン

★ハイジの白パン

★レザン

★抹茶マーブル(4種甘納豆入り)

★クランベリー&クリームチーズおやきパン

★りんごパン

★キューブクリームパン

★ウインナーパン

★コーンパン

★ベーコンマヨネーズパン

★トマトパン



人生の楽園 パン


沢山の種類のパンを、出されていますね。


僕が気になったのは、りんごパンとトマトパンですね。


お店の営業は、「土曜日のみ」になります!


金曜日は、徹夜で真下伊紀子さんがパンを焼き上げています。


営業時間は10:30~15:30まで。


パンの値段は、170円程度から600円程度まで様々です。


種類も結構、豊富に揃っていそうなので近くを訪れた時は、是非1度立ち寄ってみてはどうでしょうか。


気になるアクセスを紹介します。

★住所:東京都昭島市福島町2丁目-16-4





★TEL:090-8506-0192



行き方やパンの種類について、もっと知りたい方はこちらの「小さなパン工房Osanpo」のFacebook(https://www.facebook.com/Osanpo392/)をご覧下さい!



管理人管理人

今回は、東京都昭島市でパン工房を営む真下伊紀子さんを紹介しました。
娘さんも営業日には手伝ってくれるみたいですが、金曜日はほぼ、お1人でパンの仕込みをされています。
味は間違いなく美味しいと思うので、近くの方は是非1度訪れてみてはどうでしょうか。
放送がとても楽しみですね!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す