毎週、番組を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。


今週の『人生の楽園』に登場するのは、青森県今別町(いまべつまち)にある食事処「海の駅 高野崎」を営む池田よし子さん、澄夫さんご夫婦が登場します。


今回は、どんな楽園を紹介してくれるんでしょうか。楽しみですね!

青森県今別町ってどんな場所?特産品やゆるキャラが気になる!



調べたら、今別町は青森県東津軽郡の北部にあり、三厩湾に面しています。


町名の由来は、アイヌ語の「イマ・ペッ」(焼く川)という説があるそうです。


今別町になったのは、1955年で今別村と一本木村が合併して誕生したとあります。


教育機関は、小・中・高と3つの学校が存在します。


人口は、現在3000人ほどとなっています。


特産品はいのしし・もずくうどん・ふき・うに・小女子・ヒバ加工品・紫麺(しーめん)・海峡もちがあります。
もずくうどん
画像は、もずくをうどんに練り込んだもずくうどんと、青函トンネルをイメージした「トンネル巻き」という巻き寿司です。


次に、ご当地キャラについて調べたら今別町にも、もちろんいましたよ。
今別町 ゆるきゃら
名前は「あらまくん」と「たずなちゃん」です。


あらまくんとたずなちゃんが誕生した経緯は、今別町の伝統行事「荒馬まつり」をPRするために誕生したという事です。


しかし、あらまくんが身に着けているお馬さんの位置は、どうにかならなかったんですかね(汗)


たずなちゃんは凄く、カワイイですね。

池田よし子さんと夫の澄夫さん夫婦を紹介!

海の駅 池田夫婦
池田よし子さんの年齢は、現在62歳。夫の澄夫さんは72歳になります。


妻のよし子さんが、生まれ育ったのは今別町にある袰月(ほろづき)地区というところ。

子供さんは、4人もいらっしゃるという事です。

 

スポンサーリンク

よし子さんは、看護師になるために16歳の時に上京をします。



22歳で、旦那さんの澄夫さんとご結婚されます。


家族の楽しみは、よし子さんの故郷である袰月にたまに帰省する事だったとか。


旦那さんである、澄夫さんの出身は東京で袰月の自然や人の温かさに惹かれ、子どもたちの独立をキッカケに、夫婦で袰月に移住をしました。


当初は、夫婦でのんびり暮らそうと思っていたようですが、地域の人達の「憩いの場がない」という声を聞いて、「海の駅 高野崎」をオープンする事を決意したという事です。


「大好きな故郷を元気にしたい」という思いから、「海の駅 高野崎」を始めた池田夫婦。


では次に「海の駅 高野崎」について紹介をします。

食事処「海の駅 高野崎」のメニューや値段が気になる!場所はどこ?



集落の人々と、笑顔で暮らしたいという思いから始められた「海の駅 高野崎」


メニューは、どういったものがあるんでしょうか。


調べてみたら、人気メニューである「ほたて塩ラーメン」の他に、「しょうゆラーメン」「焼干ラーメン」もあるみたいですね。
ホタテ塩ラーメン
他には「中華丼」「カルビ丼」「カレーライス」「ソフトクリーム」などもあるそうです。


1番人気の「ホタテ塩ラーメン」は600円、「焼干ラーメン」600円となっており、あとのメニューはワンコイン500円で頂けるんだとか。


調べてみたらこの地域のラーメン店は、海の具材を使ったラーメン店が結構あるようです。


その中でも「海の駅 高野崎」のホタテ塩ラーメンは、海藻好きにはたまらないくらいの絶品ラーメンなんだとか。


1度は味わってみたいですね。


場所は、今別町の高野崎灯台の駐車場内にあります。




「お食事処 信光丸」がすぐ近くにあるので、そこが目印となりますね。


最後に、情報として青森県公立大学・7人の有志「A-project」というチームが「勝手に北海道新幹線開通カウントアップ大作戦」という企画をしていて、Facebookで「海の駅 高野崎」を紹介していました。


以前「人生の楽園」で紹介した事のある、三重県九鬼町の食堂「網干場(あばば)」でも地域おこし協力隊の青年がその時は、番組内でも紹介をされました。


大学生が自分たちの地元を盛り上げようと、色々企画をしているのではと思います。


「A-project」が気になる方はこちらをご覧になって下さい!



管理人管理人

今回は、青森県今別町で「海の駅 高野崎」を営む池田夫婦を紹介しました。
大好きな故郷を元気にしたい!という思いから始められた食事処。
今回は、どんな楽園が待っているんでしょうか。楽しみです!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す