毎週、日曜日14時~放送中のフジテレビ系列「ザ・ノンフィクション」高江洲敦(たかえすあつし)さんが登場します。


高江洲敦さんは「特殊清掃人」として、現在活躍されています。


特殊清掃人とはどのような職業なのか、高江洲敦さんとはどのような人物なのか。


10月2日(日)の放送よりも、一足先にご紹介していきたいと思います。

特殊清掃人ってどんな職業?高江洲敦さんの会社はどこにある?



今回の主人公は、特殊清掃人として活躍されている高江洲敦さんです。


みなさんは、特殊清掃人という職業をご存知でしょうか。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、知らない方のためにもまずは、特殊清掃人についてまとめたいと思います。

特殊清掃人とは



職業の名前から見ても分かるように、職種は「清掃業」になります。


しかし、ホテルの清掃員や施設の清掃員などのような一般的な清掃員とは違って、主に「事件・事故・自殺・孤独死」などの遺体発見現場の清掃をする人のことを指します。


さまざまな原因により遺体の発見が遅れ、腐敗などによる異臭が強く残った現場を、以前の綺麗な状態に戻していくのが主な作業内容となります。


一見して簡単そうに見えますが、以外にも難しいようで中には、精神的にダメージを受けてしまう清掃人も多いという事です。


無縁関係である他人の遺体発見現場を清掃するので、さすがに精神的にもダメージはありますよね。


でも、このような職業は相手に対しての「思いやり」などを、深く学べる素晴らしい職業ではないかと僕は考えます。


この職業をすることによって、今までの視点が変わって見えたりとかする方も中にはいるのではないでしょうか。


ちなみに、特殊清掃人とよく勘違いされる職業は「遺品整理業者」という職業です。


遺品整理と特殊清掃では、似ているようで違うようですね。


近年の主な現場としては「自宅」や「病院」という事です。


基本は遺体発見現場の清掃ですが、場合によっては遺体の搬送や火葬、お祓いなども行うことがあるという事です。


そんな亡くなられた方のお世話をする特殊清掃人として、今日までさまざまな場面で活躍されてきたのが高江洲敦さんです。


高江洲敦さんは現在、神奈川県横浜市に本社を置く「A&Tコーポレーション」という会社に勤務されています。



実はA&Tコーポレーションは、高江洲敦さんが代表を努められています。


代表でありながら、自身も特殊清掃人として現場で作業をこなしています。


高江洲敦さんがこれまでに作業を行ってきた現場は、実に3000件以上にもなります。


特殊清掃を行っていくなかで、時には遺産相続や親族関係を問われたりと、さまざまなトラブルも起きるといいます。


それでも、高江洲敦さんや全国で活躍する特殊清掃人は、日々の作業をこなしています。


誰でも出来そうで、なかなか難しい職業ですよね。


メンタル面において、かなり鍛えられると思います。


果たして、高江洲敦さんが特殊清掃人になるまで、どのような経緯があったのでしょうか。

高江洲敦さんの経歴や結婚と学歴を紹介!



これまでに、多くの現場で特殊清掃を行ってきた高江洲敦さん。


現在に至るまでにどのような経緯があるのでしょうか。


気になったので、高江洲敦さんの経歴について調べてみました。
高江洲敦

<高江洲敦さんプロフィール>

★生年月日:1971年8月22日

★出身地:沖縄県

★最終学歴:沖縄県立浦添工業高校

★職業:特殊清掃人(A&Tコーポレーション代表取締役)


高江洲敦さんは沖縄県の出身。


高校を卒業後は、料理人や内装業者・風俗店専門リフォーム職人などを経験されました。

25歳の時に、自身で会社を設立。

 

スポンサーリンク

しかし、経営がうまくいかずに失敗してしまいます。



その経験を生かして現在は、A&Tコーポレーションで地道に努力を重ね、代表取締役として日々の特殊清掃に関わっています。


現在は、神奈川県に家族3人で暮らしているということ。


特殊清掃人として、活躍されていながら現在奥さんとなった荒井あき(現在は高江洲あき)さんと交際。


付き合う条件として、特殊清掃人という仕事を理解することを提案したんだとか。


あきさんは、それを承諾した上で交際を受け入れました。


そしてのちに、2人はめでたくゴールイン。


現在は長女も誕生し、3人で楽しい日々を送っています。


特殊清掃人という仕事上、仕事では遺体・遺品の整理や遺体発見現場の清掃など、精神的にもダメージを受けやすい仕事をされてる高江洲敦さん。


そんな過酷な中でも、家庭を持つことが出来た事により、励みや癒やしになっているのか知れませんね。


家族と共に暮らすことによって、仕事で受けたダメージもリフレッシュできるのではないかと思います。


これからも、様々な現場に出くわすと思いますが、高江洲敦さんが持っている思いやりの心で頑張ってほしいと思います。

特殊清掃人の年収は?



職種であまり聞きなれない特殊清掃人。


特殊清掃人になるためには、資格とか必要なのでしょうか。


最後に、特殊清掃人の職業について調べてみました。


<特殊清掃人になるには>


まず、特殊清掃人になるには高度な専門知識が必要になります。


そのため「臭気判定士」「医療環境管理士」「防除作業監督者」「葬祭ディレクター」などの資格、あるいは知識や専門性がなければいけません。


さらには、遺体の損壊が激しい場合に行われる「エンバーミング」という処置も行われるため、その知識も必要になってきます。


以前のような住みやすい環境いにしないといけないので、やはりそれなりに知識や専門性が問われます。


ということは、それなりに年収もあったりするのではないでしょうか。


一般的な特殊清掃人の年収を調べたところ、特殊清掃人の初任給は「7万円~15万円」になります。


そこから正社員など昇任すると、平均月収は「20万円」になるという事です。


年収でいくと賞与など含めて、およそ300万円位といったところでしょうか。


たしかに高度な知識が要求されますが、相手は大切な家族を失くした遺族です。


そんな遺族に対して、高額な請求なんて出来ませんよね。


だとすると、この額の平均年収は妥当だと僕は思います。


故人に対する思いやりだけでなく、その遺族にも思いやりの気持ちは大事なのではないでしょうか。



管理人管理人

さまざまな経験を経て、特殊清掃人として色々な現場に関わっている高江洲敦さん。
これまでに、さまざまな経験や出来事があったと思います。
その事柄を忘れずに、常に思いやりの心を持って関わる特殊清掃人って素晴らしいですよね!
気になる方は、ぜひ次回のザ・ノンフィクションをご覧ください。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す