当ブログで毎週掲載しており、好評をいただいている『人生の楽園』


毎週、さまざな人々の楽園の様子が放送されております。


今回の放送は、富田林市寺内町で喫茶店「茶房和(なごみ)」を営む林和子さんと夫の正友さんにスポットが当たります。


という事で、今回は喫茶店「茶房和(なごみ)」について紹介をしたいと思います。


本日も、当ブログの記事を最後までお読み頂けたら幸いです。

大阪府富田林市ってどんなところ?特産品やご当地キャラも!



富田林市は大阪府の東南部に位置し、隣接している市には堺市や羽曳野市、河内長野市などがあります。


富田林と書いて”とんだばやし”と読みます。知らな人は”とみたはやし”と読んでしまいそうですね。


人口は現在、約12万ほどおり、毎年横ばいの推移となっています。


教育機関は、大学も含めると現在、35校もの学校があります。


決して、田舎という事ではなさそうですね。


富田林市の主な著名人を調べたところ、田中萬逸さん(政治家)、田中雅彦さん(プロ野球選手)、宮本恒靖さん(元サッカー選手)、板尾創路さん(芸人)など、多数いました。


富田林市の特産品は、なす、きゅうり、ジャム、パン、漬物、ぽんず、ずいき、えびいもなどがあります。


また、富田林ブランドというのもあります。詳しく知りたい方は、下記のサイトにアクセスして下さい。


【富田林ブランド「ええもん」(http://www.tonshow.or.jp/tondabayashi-brand/)】


そして、お待ちかね?のご当地キャラについての紹介です。


富田林市には、”トッピー”というご当地キャラが存在しています。


富田林市 ご当地キャラ


トッピーのプロフィールを調べたら、生年月日は2010年4月1日となっていて、子供たちの元気により誕生したという事でした。


見た目も可愛らしいトッピーですが、泳ぐことが出来ないという事です。


好きな食べ物は、なすとキュウリの浅漬が大好物なんだとか。


今後も、富田林市の宣伝部長として、活躍をして欲しいと思います。

林和子さんと夫の正友さんについて紹介!



人生の楽園 林さん


今回、人生の楽園の主人公である林和子さんの年齢は現在70歳になります。


そして、夫の正友さんは73歳。お2人とも、年齢を感じさせないイキイキした表情をされています。


お2人とも、もともとは学校の先生として教壇に立っていました。


結婚をしたのは、20代の時。


お2人とも60代半ばまで、教職員として職務をまっとうされた後に、富田林市寺内町に訪れその際に、ゆったりした町並みが気に入り移住を決意されます。


そして、町の人々と楽しい時間を過ごすために、2015年の10月に喫茶店「茶房和(なごみ)」をオープンさせました。


正友さんも、和子さんもこれからも積極的に町の行事などに関わっていきたいと、意気込みをみせています。


また和子さんは、この夏からパン教室を始め、より多くの人との交流も期待しています。


次に、喫茶店「茶房和(なごみ)」について、紹介をしたいと思います。
 

スポンサーリンク

茶房和(なごみ)のメニューや料金は?営業日や場所も紹介!



お客さんにくつろいでもらえるように、店内は普通の家のような内装にこだわったという茶房和(なごみ)。


メニューについては、日替わりとなっており毎週、美味しくて違った味を楽しめるという事です。


茶房和 とんかつ茶房和 ハンバーグ


気になるランチ料金は、750円になります。


家庭科の先生をしていた奥さんが料理を作っており、とろとろハンバーグや豚ロース、とんかつなど750円で満足できる料理が提供されるという事でした。

<茶房和(なごみ)の詳細情報>

★住所:584-0033大阪府富田林市富田林町13-7





★営業時間:10時~17時

★営業日:土日祝のみ

★TEL:0721-51-4050



お客さんからの評判も良く、グルメなお店を紹介するサイトでも取り上げられているので、人気は高いと思います。


そんな、茶房和(なごみ)のFacebookの詳細(https://www.facebook.com/saboo.nagomi/about/?entry_point=page_nav_about_item&ref=page_internal)


店の場所や、日替わりメニューについて更新しているので、アクセスしてみて下さい。


放送直後は、お店が混雑される事が予想されますので、電話での予約をオススメします。



管理人管理人

今回は、茶房和で喫茶店を営む林夫妻について紹介をしました。
これからも、ご夫婦仲良く商売が繁盛するように頑張って欲しいと願います。
近くにお住まいの方は是非、立ち寄ってみられてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す