毎週、金曜日にNHKで放送されている人気ドキュメンタリー番組『ドキュメント72時間』に、神奈川県平塚市にある「肉のユーダイ」が取り上げられます。


先週は、東京にある錦糸公園が紹介をされましたね。


ポケモンGOで群がる人々に、スポットが当てられ皆さん熱中なさってゲームをしている姿が印象的でした。


今回は、多国籍の方も数多く訪れるという肉のユーダイについて紹介したいと思います!

平塚市にある横内団地ってどんなところ?

横内団地

今回紹介する肉のユーダイは、神奈川県平塚市にある横内団地のすぐ近くにあります。


横内団地について調べたところ、居住外国人が1275世帯あるうちの14%を占めているという事です。


住んでいる方の中には、中国出身で日本に帰化した方やラオス出身の方など、国籍を問わず様々な人が生活をしているという事です。


横内団地に外国人が増えたのは1980年代後半のことで、インドシナ難民の定住促進センターからラオス、ベトナム、カンボジアの難民が移り住んできたのがキッカケになります。


外国人が移り住んできた当初は、騒音が絶えなかったんだとか。


連日のように、音楽をかけて騒いだり、タバコの吸殻などを普通に道端に捨て、ゴミの分別もまともに出来ていなかったんだとか。


しかし、日本語が分かる外国人が各国の代表者になり、3か月に1回、代表者同士が話し合って意思疎通を図る試みにより、悩みの種だったゴミの分別は、代表者からの呼びかけや市への働きかけで作成された外国語版の「ゴミの分別表」により日本人並みに改善されたという事です。


現在では、毎週月曜日、集会所で日本語教室と生活相談も行われているんだとか。


しかしネット上の評判を調べたところ、神奈川のスラム街と言われていたり危険地帯など悪いイメージが先走っているのも、事実としてあります。


この先、横内団地に住む外国人と日本人が手を取り合って、お互いに住み良い環境にしていく事を願っています。


そして団地内の家賃について調べたところ、安い物件では2DK~3DKで2万円台と、都内ではかなり安い賃貸で貸し出している部屋もありました。


日本に移住してきた外国人にとって、悩みの1つとなるのは、都内で良くみる高額な賃貸料金でもあると思います。


そういった意味で、横内団地の格安賃貸は外国人にとっては、魅力的でもあるんでしょうね。

肉のユーダイの店長ってどんな人?



次は、肉のユーダイの店長さんについて、どんな人物なのか調査しました。


某ブログサイトで、店長さんが肉のユーダイのブログを運営していたので、そちらにプロフィールが掲載されていました。


<肉のユーダイ店長さんのプロフィール>

★出身地:神奈川県厚木市

★血液型:O型

★大学:関東学院大学

★出身高校:厚木東高校

残念ながら本名については、非公開となっていました。

 

スポンサーリンク

しかし、本人いわく普段の容姿は、アゴヒゲを生やしているという事です。



以前は、アゴヒゲに加え頭にタオルを巻いていたようですが、タオルは卒業されたみたいですね。


TwitterやFacebookもやっており、定期的につぶやいたり、記事もアップしているので良かったらご覧になって見て下さい。

【肉のユーダイのTwitterはこちらから】


【肉のユーダイのFacebookはこちらから】

肉のユーダイの営業日や場所などを紹介!

肉のユーダイ

肉のユーダイが創業した時期は、1977年(昭和52年)になります。


肉の専門店として、他では手に入らないようなお肉の部位などを取り揃えており、地域住民の間でも知らない人はいないくらいの有名店であります。


店長さんいわく「同じお肉ならばどこよりも安い、同じ値段ならどこよりも美味しい」と豪語されていました。


お客さんの好みに合わせて、オーダカットも行っており、常にお客さんから愛されるお店作りを心がけているという事でした。


扱っているのはお肉ばかりではなくて、アジア食材・南米食材・輸入野菜なども揃えているという事です。


その中でも、肉のユーダイ特製の「うまから味噌」も人気商品の1つになります。
うまから味噌

<肉のユーダイの詳細情報>

★住所:〒254-0002神奈川県平塚市横内3785−4

★TEL:0463-54-1173

★営業時間:9:30~19:30

★定休日:毎週木曜日


一般的なお肉以外にも、専門店ならではの珍しいお肉を扱っているという事なので、興味がある方は一度足を運ばれてはどうでしょうか。


放送では、どんな登場人物が出てくるんでしょうか。放送日当日が非常に楽しみです!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す