10月24日(月)22時25分~放送予定の「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に兵庫県西宮市で”伝説のパン屋”を経営する竹内久典(たけうちひさのり)さんが登場します。


3年前までは、大阪本町で「ブランジュリタケウチ」というパン屋を経営していた竹内久典さん。


しかし、”本当に作りたいパンだけを作りたい”と人気だった店を突然閉店させ、店舗を兵庫県西宮市に移転して経営しています。


今回の放送では、どのような仕事の流儀が紹介されるのでしょうか。

竹内久典さんが経営するパン屋「生瀬ヒュッテ」は予約販売!メニューや料金と場所は?



竹内久典さんは現在、兵庫県西宮市でパン屋を経営しています。


連日のように竹内久典さんのパン屋には、多くの注文が殺到しています。


大阪府本町から店舗を移転させ、店の名前も「生瀬ヒュッテ」に変更して営業を再開させました。


まずは、生瀬ヒュッテのメニュー料金や所在地などについて調査してみました!
生瀬ヒュッテ

<生瀬ヒュッテについて>

★開店日:2016年1月26日

★所在地:〒669-1101兵庫県西宮市塩瀬町生瀬1285-221

★TEL:0797-24-2712

★アクセス方法:JR生瀬駅から徒歩15分、阪急バス森興橋から徒歩7分


竹内久典さんが経営する生瀬ヒュッテは、兵庫県西宮市に位置しています。


「花の峯」という住宅地のなかにあるため、駐車場は完備されていますが販売は全て「予約販売」のみとなっています。


生瀬ヒュッテのパンを購入するには、まず月曜日の10時~14時までに上記の連絡先へ電話で注文して指定日に店内で引渡しという販売方法です。


電話での予約販売の主な理由としては、従業員が2人しかいないということ。


竹内久典さんも自ら製造に取り組んではいますが、2人で大量のパンを作る事はなかなか難しいですよね。


せっかくお店までパンを買いに来たのに、売り切れで大事なお客さんを帰してしまうのは経営者としては、辛い事ですしお客さんにもショックを与えてしまいます。


その問題点を踏まえたうえで、考案したのが予約での販売だったという事です。


販売の仕方などについては、その店舗によって様々あると思います。


かつて、大阪で経営していた実績もあるので、販売方法や移転をしてもかなりの人気ぶりだそうですよ!


<生瀬ヒュッテの今月のおすすめメニュー>


生瀬ヒュッテでは、月ごとにパンセットをメニューとして公開していて、主に公式サイトでチェックすることができます。


10月のパンセットは以下の通りです。

・天然酵母 木の実(栗、カシューナッツ、アーモンド)

・天然酵母 くるみバスケット

・安納芋と黒ごまのライ麦パン

・マスカットと洋梨のミルクパン

以上が10月のおすすめパンセットとなっています。


そして気になる価格ですが、税抜きで1450円となります。


パンセットで、この品数とこの値段なら納得のいくメニューですよね!


このパンセットを求めて、連日のように電話注文が殺到しているんだとか。
生瀬ヒュッテ パン

ちなみにこちらが、ブランジュリタケウチ時代からお客さんに長年食されており、看板メニューといっても過言ではないライ麦パンです。


食材で使用されている、ライ麦の香ばしさと酵母のまろやかな酸味が特徴の竹内久典さんおすすめのパンです。


数多くの品々が揃うなかでも、堂々の人気ぶりだという事です。


どんなパンなのか気になる方は、一度食してみてはいかがでしょうか。
 

スポンサーリンク

竹内久典さんのこれまでの経歴について!



2000年11月に「ブランジェリタケウチ」をオープンさせ、今日までパン職人でもありオーナーとしても活躍されてきた竹内久典さん。
竹内久典

ブランジェリタケウチをオープンさせるまでと、させて以降にどのような経歴を辿ってきたのでしょうか。


詳しい情報は掴むことができませんでしたが、竹内久典さんは以前に製パンの専門学校を卒業されていることが分かりました。


専門学校を卒業した後は、神戸にある名パティスリーの「ダニエル」で修行をしていたという事です。


2003年5月には、自身初となる店をオープンさせ、当時は1日に1000人ほど訪れる大人気のパン屋にまで成長しました。


常に”どこにもないパンの考え方”をコンセプトとして掲げている竹内久典さん。


綿密に構想を練り店を建てたこと、掲げたコンセプトが当時のお店の相性と抜群だった事もあり、パン屋さんとして成功したと言っても良いでしょう。


経営をする上で、コンセプトや目標ってすごく大事ですよね!


これからも、このコンセプトを第一に頑張ってほしいと思います。


竹内久典さんは、専門学校と神戸で修行をしていた経験を活かして店内には石釜を用意。


石釜で作ったパンは、外はサクサク中はフワフワという仕上がりとなっています。


僕の近所にあるパン屋でも、石釜で焼きあがったパンを売り出しているお店があります。


パンやピザは、石釜で焼いたほうが美味しいですよね♪


今後も、竹内久典さんの作るパンは人気が衰えることはなさそうです。

人気パン職人の竹内久典さん!結婚はしてるの?

生瀬ヒュッテ パン

専門学校と店での修行を経て、人気パン屋を経営するまでに進展してきた竹内久典さん。


店内では常に2人でパン屋を経営しているということで、もう1人の従業員は奥さんだったりするのでしょうか。


竹内久典さんについて色々と調べてみましたが、詳しい情報は掴めませんでしたがおそらく結婚されてると思います。


奥さんは竹内久典さんのパン職人としての人生をいつもそばで見守り、いざという時には共に協力してこれまでの困難を一緒に超えられてきた方だと思います。


お互いのことを理解して、共に生活していく方の支えは必要ですよね!


これからも、末永くお幸せに生活されていってほしいと思います。


様々な番組で紹介をされたお店の関連記事:

山梨県北杜市にあるパン屋「ろくぶんぎ」が人生の楽園で紹介されました!お店のメニューは?

カンブリア宮殿にパン屋「ピータパン」の社長である横手和彦さんが登場!お店の考え方が気になる!!

神奈川にあるお肉屋さん「肉のユーダイ」が72時間で紹介されました!店長ってどんな人?


管理人管理人

これまでに、パン職人として一筋の人生を送られてきた竹内久典さん。
今後も2人体制という少ない人員で、生瀬ヒュッテを愛するお客さんのために経営していくと思います。
これからも、長年愛されてきたパンを作り続けて、多くのお客さんを幸せにしていってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す