最近ネット上で、カワイイと話題の写真家の1人に林典子(はやしのりこ)さんという方がいらっしゃいます。


今回、トークバラエティー番組『クレイジージャーニー』に登場し、ヤズディー教について語られるという事です。


一体、どんな内容になるんでしょうか。


という事で、今回は写真家の林典子さんについて紹介します。

林典子さんプロフィール!大学や年齢が気になる!



ネット上でも、カワイイと話題になっている写真家の林典子さん。


まずは、林典子さんの経歴などについて触れたいと思います。
林典子


<林典子さんプロフィール>

★生まれた年:1983年

★出身地:神奈川県

★アメリカ・ペンシルベニア大学 留学

★現勤務先:イギリス ロンドン「Panos Pictures」


林典子さんの年齢は、生まれた年から考えると33歳だと思われます。


僕は1985年生まれで現在31歳になるので、僕よりも2年早く生まれているという事なので、33歳くらいになるでしょうね。


林典子さん元々は、日本の大学に在学をしていました。


しかし単身、アメリカにあるペンシルベニア大学へと留学をされます。


写真家になるキッカケとしては、ペンシルバニア大学3年生の時になります。


「西アフリカ・ガンビア研修参加者を募集!」と書かれた紙が掲示されていて、その研修に参加をしてから一気に意識が変わったと語っています。


実際に研修期間は2週間だけだったみたいですが、林典子さんだけが2ヶ月間、延長をして現地に残ったという事です。


もちろん、他の生徒は全員帰り、残ったのは林典子さん只1人だけだったんだとか。


現地に残った後に考えた選択肢は、新聞社で働くという事。


地元新聞社「The Point」で、面接を受けたという林典子さん。


写真家になった大きな理由としても、この面接が理由の1つだと語っています。


面接の時に「あなたにはなにができるの?」と聞かれたそうです。


その時に、林典子さんはカメラを持っていて「写真は撮れます」と答えたんだとか。


それがキッカケで、写真家の道を歩む事になったんだとか。

<林典子さんの経歴>

★2010年:FCCTタイ外国人記者クラブ写真賞 奨励賞

★2011年:名取洋之助写真賞

★2012年:DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞 1位

★2013年:フランス世界報道写真祭 Visa Pour L’lmage (ビザ・プール・リマ—ジュ) 報道写真特集部門 Visa d’Or 金賞

     DAYS国際フォトジャーナリズム大賞 3位

     米アレクシア写真財団写真賞ファイナリスト

★2014年:NPPA(全米報道写真家協会)Best of Photojournalism、Contemporary issue story(現代社会の問題部門)1位

     Amnesty International UK Media Awards ファイナリスト

     三木淳賞

     さがみはら写真新人奨励賞

★2015年:World Press Photo世界報道写真財団「The Joop Swart Masterclass」 選出

     Hansel-Mieth-Preis 2015

取材をした国では、パキスタン、キルギス、ガンビア、リベリアとこれまでに、数十カ国を渡り歩いてきたという事です。


パキスタンでは硫酸をかけられた女性に取材を行ったり、キルギスでは女性をさらい、相手の合意がないままに結婚を迫る「誘拐結婚」について取材をされています。


もちろん、日本と比べると海外には危険な場所が沢山あります。


そんな危険な土地に赴いてまで、どうして写真を撮り続ける理由があるんでしょうか。
 

スポンサーリンク

林典子さんが写真を撮る理由とは!結婚してるの?



危険な場所にいながらも、常に写真を取り続けている林典子さん。
林典子 写真家


ただ単に、写真を撮っているという訳ではありません。


林典子さんは、これからもニュースにならないような人々の生活を撮り続けたいとおっしゃっています。


日本ではあまりに残酷な写真はNGで、断られる事もしばしばあるんだとか。


そのため日本の写真展で使用されるのは、ほとんどが子供が笑顔で写っている写真だったり、被害を受けた女性のたまに出す笑顔の写真ばかりだとおっしゃっています。


そうではなくて、リアルな生活を送っている生の人間、例えば「この写真に写っている人は、1分前にどういうことをしていたのだろう? どういうことを思っていたのだろう?」と考えたくなるような写真を、これからも撮っていきたいと語っています。


林典子さんは実際に、現地の人々と何ヶ月も一緒に生活をしながら写真を取り続けているので、ありのままの真実を全て伝えたいという思いがあるんでしょうね。


そんな林典子さんは、結婚しているのか調べてみたのですが、そういった情報は一切ありませんでした。


仕事柄、長期において海外にいらっしゃるので、恋愛するのも難しいのではと思います。


もしかしたら、クレイジージャーニーでその辺りについても突っ込まれるんじゃないでしょうか。


新たな情報が分かり次第、記事を追加したいと思います。

林典子さんの写真展が話題!!ヤズディー教についても!



海外でプロの写真家として、活動をされている林典子さん。


これまでに撮ってきた写真は、何千枚とあるんでしょうね。


今回、クレイジージャーニーではヤズディー教について語られるという事です。


林典子さん、また新たな新天地でも見つけたのでしょうか。


ヤズディー教について調べたら、林典子さんが取材をされた時の記事が残っていました。


何でも、ヤジディの人々は独特な信仰を持っており、イラクの人口に占める割合は数%程度とみられ、その多くがシンジャール山や周辺の村で暮らしているという事です。


しかし、皆さんもご存知であると思われる過激派組織「イスラム国」(IS)が、2014年8月頃、イラク北西部のシンジャール山周辺へ侵攻を始めました。


この時、最初の犠牲になった村が、ヤジディ村だという事です。


なんとも酷いのが、ISの戦闘員に気に入られた娘は、そのまま結婚をさせられてしまうんだとか。


そんなとんでもない場所で、林典子さんは2ヶ月半もの間、取材をされていたというから驚きです。


率直な意見としては、良くご無事でお戻りになられたというのが感想です。


改めて、凄い方だなと思いましたね。


そんな林典子さんですが、近々トークイベントと写真展を行うという情報を聞きつけました。


詳細は以下の通りになります。

<トークイベントの詳細>

11月26日(土)トークイベント@銀座ニコンサロン18:30~20:00

2016年11月17日イベント 写真展/展覧会 出版

*トークイベントのお知らせ

11月23日から開催する写真展「ヤズディの祈り」(銀座ニコンサロン)のイラクとドイツでの取材時のエピソードや、と12月上旬発売予定の写真集「ヤズディの祈り」制作がどのように行われていったかなどについてお話をさせていただきます。

同写真集の制作を一緒に進めていただいている出版社「赤々舎」の編集者、姫野希美さんと対談をさせていただきます。お時間がありましたら、是非お越し下さい!

日時     11月26日(土) 18:30-20:00

場所     銀座ニコンサロン

参加費    無料

事前申し込み 不要

(また、12月17日大阪ニコンサロンでもトークイベントを開催させていただきます)

<写真展の詳細>

写真展「ヤズディの祈り」

場所 銀座ニコンサロン

〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-1

期間 11/23 (水) ~12/6 (火)  10:30~18:30(最終日は15:00まで)

会期中無休

場所 大阪ニコンサロン

機関 12月15日(木)〜21日(水)10:30~18:30(最終日は15:00まで)

会期中無休

トークイベントも写真展も参加費は無料という事なので、気になった方は是非足を運ばれてはいかがでしょうか。


写真家の関連記事:

クレイジージャーニーに出演をした伊藤大輔さんがクレイジーすぎて話題に!!リオでギャングを撮り続けるプロの写真家!!

プロの写真家として活躍されている奥山由之さんを紹介!父親も紹介!!

航空写真家のチャーリー古庄さんって何者!?プロフィールに迫る!!


管理人管理人

今回は、写真家として世界中を駆け回っている林典子さんについて調べてみました!
そういえば、似たような写真家が以前、同番組で紹介をされていた気がしますね(汗)
写真家って楽そうに見えて、実はそうじゃないという事がお分かりになったのではないでしょうか。
これからも、リアルな写真を沢山、撮り続けて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す