毎週20時からNHK系列で放送されている『ハートネットTV』に、漫画家で現在、難病と闘っているたむらあやこさんが登場いたします。


ハートネットTVは2012年4月2日からNHKで放送されている福祉情報番組です。


これまでに、多くの社会問題を「福祉」という視点で紐解いてきました。


今回は漫画家のたむらあやこさんが、どのような社会問題と向き合っているのかという部分が放送されるという事なので、紹介したいと思います。

漫画家たむらあやこさんプロフィール!経歴や年齢は?



普段は新米の看護師として、活躍しながら漫画家としても活動しているたむらあやこさん。


現在の年齢は36歳で、2つの職業を並行しながら活動されるのは並大抵のことではないと思います。


そんな、たむらあやこさんは今ある難病と闘っています。


たむらあやこさんが抱える難病とは「ギラン・バレー症候群」と呼ばれる珍しい病気です。


当時、この難病を発症した時、たむらあやこさんは22歳という若さでした。

たむらあやこ
引用元:https://i2.wp.com



これから、大人の道を歩み始めるという時に突如として訪れた悲劇。


たむらあやこさんの人生は、どん底に落ちていくと思われました。


しかし、彼女は決して諦めることはありませんでした。


たむらあやこさんが自身の闘病生活を描いた漫画「ふんばれ、がんばれ、ギラン・バレー」


難病という危機にもめげずに、楽しく生きようとしている姿が見えます。


ごく普通の毎日を送っていながら、突然、原因不明の高熱に襲われた事もあったというたむらあやこさん。


幾多の病院を転々とした後、やっとの思いで来院した脳神経内科の医師から「ギラン・バレー症候群」との診断を受けたという事です。


こうして、ごく普通の毎日から一転して難病と向き合いながら生活を送る事となりました。


生きていればいつ、どこで、どのようにして私達の身にも災いが訪れるか分かりませんよね。


番組では、たむらあやこさんの病気と向き合う現在の姿が放送されると思うので楽しみにしたいと思います。

たむらあやこさんの本名や結婚は?



突然の闘病生活が訪れたのきっかけに、明るく生きていく事を選択したたむらあやこさん。


たむらあやこさんについて調べていくと、22歳という若さで難病を発症した事と、ギラン・バレー症候群の情報はたくさん公開されていましたが完全な経歴やプロフィールについては、非公開となっておりました。

そんな中でも、本名と結婚についての情報は見つける事が出来ました。

 

スポンサーリンク

本名は”田村紋子”さんという事です。



現在使っているペンネームは、どうやら本名の読み名をそのまま、平仮名にしただけの様ですね。


結婚について調べたところ、たむらあやこさんのTwitterなどを拝見する限りでは、現在は独身であると思われます。


しかし、番組ではタクシー運転手の父親が登場されるみたいです。


たむらあやこさんのご家族は、どんな方達なんでしょうか。放送が楽しみです。

たむらあやこさんが発症した「ギラン・バレー症候群」とは?



22歳という若さで難病「ギラン・バレー症候群」を発症した、たむらあやこさん。


そもそもギラン・バレー症候群とは、一体どういった難病なのでしょうか。

<ギラン・バレー症候群について>

ギラン・バレー症候群とは、急性と多発性の根神経炎の1つ。

症状が重いと中枢神経がやられて、呼吸不全など様々障害や合併症などを引き起こします。

主な症状としては、運動神経に異常が発生して四股に力が入らなくなる病気です。

日本では難病の1つとして今でも、医療研究が進められています。

発症比率としては、10万人に1人という稀な疾患であり、発症する原因として「感染症」「ワクチン」「全身性疾患」「薬剤」などによって発症した報告がされています。

さらに前駆症状として「咽頭発赤」「扁桃炎」「急性結核炎」「急性胃腸炎」「感冒症状」があります。

ギラン・バレー症候群を発症して、最もダメージが蓄積する場所は運動神経です。

呼吸筋に異常が起きると呼吸困難、神経によるダメージによって感覚麻痺なども起きます。

その他にも、神経に関わる様々な症状が起きます。

現在、分かっている治療法としては「免疫グロブリン大量療法」と「血漿交換量表」「免疫吸着療法」の3つが有効とされています。

今後の研究結果によっては、さらなる治療法が見つかるかも知れなですね。


管理人管理人

突然、自らの身に起きた難病にもめげずに明るく生きることを決意したたむらあやこさん。
新米の看護師であり、漫画家として発売した漫画本も人気を集めています。
これからも闘病生活は大変だと思いますが、周りの人に支えられている事へ感謝をしながら、今後も明るく楽しく生きていくと決めていらっしゃるそうです。
これからも活躍を期待しております!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

“たむらあやこ(漫画家)の結婚は?プロフィールの本名や年齢も!” への1件のコメント

  1. あやこ様に伝えてください。
     私は65年ほど前、日本で3人目(岡山大学病院によると)のギランバレーでした。6ヶ月ほどで退院してリハビリをやりました。ものもボヤ〜としか見えず、脊髄液採取の連続で泣かされました。少し良くなっても、やはり胸の上で手を合わせるよう母親に頼んだり、窓から落してくれるようにもお願いして母親を泣かせたりしました(あなたの漫画にあったように)
     手が震えるような後遺症はありますが、現在75歳になりましたが屋久島の宮之浦岳(1936m)に登ってきたところです。
    あなたもきっと全快できると信じています。こでらしょう

コメントを残す