2月27日にNHK系列で放送予定の「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に、橋梁(きょうりょう)技術者の志賀弘明(しがひろあき)さんが登場します。


今回は深夜帯に活躍しながら、日本の道路を支える1人の技術者として番組で紹介されるという事です。


という事で今回は、志賀弘明さんについて紹介したいと思います。

志賀弘明(橋梁技術者)ってどんな人?経歴や学歴が気になる!



今回ご紹介するのは、橋梁技術者として活躍されている志賀弘明さんになります。

志賀弘明
引用元:http://www.jasbc.or.jp



志賀弘明さんは、主に深夜帯に活動をしていてこれまでに多くの橋を支えてきました。


そのほとんどが、80トン近くにもある巨大な大橋。


今回の放送では、東京都渋谷区にある巨大な歩道橋を架け替える工事に携わる姿に密着するという事でした。


工事を取り行うにあたって深夜帯に行うというのは、日中は数多くの交通量があるからなんでしょうね。


深夜帯でも交通量があるので、工事を行う時間帯は交通を制限するかと思いきや志賀弘明さんは、一切交通制限をせずに架け替え工事を完遂されているんです。


交通制限なしで架け替えるというのは、決してそう簡単ではないと思います。


かなり高度な技術になるため、かなりの頭脳と体力が必要だという事です。


志賀弘明さんは、このような大きな仕事をやり遂げるプロフェッショナルなんですね!


そんな志賀弘明さんのプロフィールを調べてみたのですが、一般の方という事もあるのか詳しい情報がほとんど公開されていませんでした。


学歴に関しては情報が無かったものの、恐らく橋梁の学校に通っていたんだろうと思います。


調べてみたら日本にはありませんが、海外には国立の学校で橋梁学校が存在していました。


いくつか賞なども受賞されていましたので、これだけ活躍をされているなら、有名な学校に通っていたという事も考えられますね。


結婚についても、40代ということで結婚されていてもおかしくない年代ではありますね。


詳しい情報が番組で放送されるかも知れませんので、分かり次第、追記にてお伝えできたらと思います。
 

スポンサーリンク

志賀弘明さんが活躍する橋梁技術者って?年収を調査!



皆さんは、橋梁技術者という職業をご存知ですか?


先ほども紹介をしたように、橋梁技術者は主に巨大橋の設計や建築などを行う技術者の事をいいます。


日本における巨大橋といえば、「明石海峡大橋(兵庫県)」や「多々羅大橋(広島県)」などが挙げられます。


今回、放送の舞台となるのは、東京都渋谷区にある渋谷駅前の巨大歩道橋。


駅前にある歩道橋ということはもちろん、多くの通行人が利用しています。


多くの通行人が利用する歩道橋を支えているなんて、スケールがすごく大きいですし責任が重いですよね。


さらに私たちには忘れてはならないのが、1995年の「阪神淡路大震災」と2011年の「東日本大震災」であります。


双方の大震災では多くの建物が被災し、未だに復興のめどが立っていないところ多く存在します。


その復興にも、橋梁技術者は関与しています。


巨大橋に関わらず新たな橋の建築や設計には、少なからず橋梁技術者の力も必要となります。


橋梁技術者になるためにはまず、資格を取る必要があります。


日本の橋梁技術者に関する技術士や、土木学会の資格などが主な例に挙げられます。

このように橋梁技術者になるためには、かなりの知識や覚悟が必要であるという事から、重要な役割を果たしている志賀弘明さんはまさにエキスパートだと思いますね!

 

スポンサーリンク

そんな橋梁技術者の年収を調べたところ、高くて1000万円近くあり、安くても400万円ほどの年収だという事が分かりました。



学校を卒業してから、就職しても年収で400万円もあれば十分に生活できる金額ですよね。


また数も少ない技術職の1つでありますので、将来的にも心配する事はないのではないでしょうか。

志賀弘明さんが勤務する会社はかなり有名!?



高度な技術や知識を必要とし、日本だけでなく世界でも活躍する覚悟が必要にもなる橋梁技術者として活躍する志賀弘明さん。

JFEエンジニアリング株式会社
引用元:http://www.shashoku.com



志賀弘明さんは現在、東京都千代田区に本社がある「JFEエンジニアリング株式会社」に勤務されています。


JFEエンジニアリング株式会社は、常に世界でも通用する技術者になるための育成を手がけている橋梁技術者を扱う会社では有名な会社の一つです。


「挑戦。」「柔軟。」「誠実。」の行動規範をモットーに常に最高の技術を兼ね備えている人材を求めているという事です。


良質な商品とサービスの提供や社会の連携と協調も人材に求めている事の一つです。


今後も多くの橋の設計や建築に携わっていく人材と重要な1人として志賀弘明さんは歩み続けていくと思います。



管理人管理人

これまでに多くの橋を支えてきた志賀弘明さん。
常に高度な技術を兼ね備えている志賀弘明さんの経歴もかなり気になるところではあります。
これからも、自身の知識と能力を発揮して多くの橋を支えて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す