今回、ご紹介するのは「スイッチインタビュー」に登場予定で、現在は主に静岡大学の雑草研究者として活動をされている稲垣栄洋(いながきひでひろ)さんになります。


皆さんは、雑草研究者という職業を聞いたことはありますか?


今回は、稲垣栄洋さんと雑草研究者についてまとめていきたいと思います。

稲垣栄洋さん(静岡大学教授)のプロフィールが気になる!



静岡大学の教授でもあり、雑草研究者としても活動されている稲垣栄洋さん。


芸能人の中で、マニアとして有名な方と言えば「渡る世間は鬼ばかり」でおなじみの岡本信人さんではないでしょうか。


雑草研究者という職業については、また後ほどご紹介します。


まずは、経歴からご覧下さい。

稲垣栄洋


<稲垣栄洋さんプロフィール>

★生年月日:1968年生まれ

★出身地:静岡県

★職業:静岡大学教授、雑草研究者

出典先:wikipedia



稲垣栄洋さんは静岡県の出身で、現在は48歳か49歳の年齢になります。


1993年に岡山大学岡山大学大学院農学研究科の博士課程を満期で退学。


その後、農林水産省へ入省。


しかし、1995年に農林水産省を退職し、その後は静岡県職員となります。


そして、静岡県農林技術研究所を経た後、現在は静岡大学農学研究科の教授に就任しています。


2004年には、ササユリの研究で岐阜大学博士の称号も取得されています。

<稲垣栄洋さん経歴>

★1993年:岡山大学大学院農学研究科博士課程満期退学、農林水産省入省

★1995年:農林水産省を退職した後、静岡県職員として入庁

★1998年:静岡県農業試験場技師

★2000年:静岡県農業試験場副主任

★2004年:岐阜大学連合大学院で博士号(農学)取得

★2007年:静岡県農林技術研究所主任研究員

★2007年~2009年:環境水田プロジェクトリーダー歴任

まさに農学一筋の方なんですね!


これからも、農学の道を極めていくんだろうと思います。
 

スポンサーリンク

稲垣栄洋さんが資格を持つ「雑草研究者」とは?



静岡大学の教授でありながら、雑草研究者としても活躍している稲垣栄洋さん。


そもそも雑草研究者とは、どのような職業なのでしょうか。

雑草には劣悪環境の修復など,環境保全にも役立ちうる可能性をは秘めています。

雑草がどのような性質を持ち、生えている環境などにどう影響を与えているのかを日々研究している人を雑草研究者と呼びます。

稲垣栄洋さんが農林水産省に入省したあたりから、農学や雑草について研究したいという気持ちが出てきたのではないでしょうか。

雑草研究者は、研究の基礎から応用面で活躍している人材が中心メンバーとなっています。

数々の研究発表や情報交換を通して会員相互の向上・発展と農業生産や環境保全へ寄与することを目的としています。

現在、日本で最も有名な雑草研究者が所属しているのが「日本雑草学会」です。


国内在住で正式な会員を目指す場合は、年会費として8000円を入金すれば正会員として認められます。


他にも下記のサイトに記載されているとおり、学生向けやシニア向けなど世代に合わせた会員もあるそうです。


詳しくは、公式サイト(http://wssj.jp/)にて確認してみてください。

稲垣栄洋さんは結婚して妻はいるの?



現在も雑草研究者としての活動が増えてきているという稲垣栄洋さん。


今現在は、結婚などされているのでしょうか。


調べてみましたが、残念ながら稲垣栄洋さんの結婚に関する情報は掴めませんでした。


年齢的に考えたら、結婚して温かい家庭を築いてもおかしくないと思います。


すでに築いているかもしれませんが、不正確な情報はお伝え出来ないので詳しい情報に関しては、番組を拝見した後に分かり次第、追記できたらと思います。


管理人管理人

教授でありながら、雑草研究者でもあるという二つの顔を持つ稲垣栄洋さん。
今後も、農学を中心に日々の研究に挑み続け、未来の日本農学を支えるべく活躍されると思います。

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す