6月18日(日)23時20分~放送予定の『情熱大陸』に、海洋生物学者でアマゾンマナティーを研究している菊池夢美(きくちむみ)さんが登場します。


生物学者には、さまざまなジャンルの学者さんがいますよね!


そのなかでも菊池夢美さんは、日本唯一のアマゾンマナティーについて研究している学者さんになるんだとか。


今回はひと足先に、菊池夢美さんやアマゾンマナティーなどについて探っていきたいと思います。
 

スポンサーリンク

菊池夢美さんのプロフィールや本名を紹介!



1年の3分の1を現地、ブラジルの国立アマゾン研究所で過ごしているという菊池夢美さん。


まずは、気になる経歴から紹介していきたいと思います。


菊池夢美さんは一般人であるため、詳しい情報がつかめていないところもありますので、詳しい情報については分かり次第に随時更新していきたいと思います。

菊池夢美


<菊池夢美さんプロフィール>

★生年月日:1981年(35歳、2017年現在)

★出身地:東京都

★最終学歴:東京大学大学院農学生命科学研究科 修了

★職業:海洋生物学者

★勤務先:京都大学野生動物研究センター研究員

沖縄県にある「沖縄美ら海水族館」で、マナティーを観賞したことをきっかけに、海洋生物学者としてアマゾンマナティーの研究をするようになった菊池夢美さん。


名前について気になったので調べたところ、夢美と書いて”むみ”という読み名になるそうなんですが、どうやらこちらも本名だという事です。


手塚治虫さんの大人気漫画「タイガーブックス」から、大きな影響を受けて日本大学生物資源化学部へと進学をした菊池夢美さん。


その後は、おもに”マナティー研究家”になることを強く決意し、1年の3分の1を現地ブラジルの国立アマゾン研究所で過ごしていることがほとんどだといいます。


プライベートでは「妖怪ウォッチ」と「吉本新喜劇」に、かなりハマっているんだとか。


とてもその様には見えないのですが、見かけだけで判断してはいけないですね。


なかには、見た目と違った趣味や特技を持っている人もいますからね。


菊池夢美さんは2010年に、東京大学大学院農学生命科学研究科を修了。


博士号も取得されています。


とんでもなく、頭も良いんでしょうね。

<菊池夢美さんの経歴>

2010年に東京大学大学院農学生命科学研究科を修了し、博士号(農学)を取得。

2010年4月から東京大学水産資源学研究室を経て、2012年から独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所にてCRESTプロジェクトに従事。

2014年4月から京都大学野生動物研究センターにてSATREPSプロジェクト研究員となる。

出典先:mitsui.com

これからも、研究者として1人の女性として、人生を楽しんでいってほしいと思います。
 

スポンサーリンク

菊池夢美さんは結婚して夫はいるの?



海洋生物学者として活躍中の菊池夢身さんですが、気になるプライベートについて調べていきたいと思います。


菊池夢美さんは現在、結婚などされているのでしょうか。


調べたところ菊池夢美さん、どうやら結婚生活7年目で、現在は旦那さんと一緒に生活をされているという事でした。


旦那さんは、菊池夢美さんより2歳、年齢が離れているという事です。


生物学者となれば、それなりに生物たちに愛情を持っていないと、理解をする上で難しい部分も多いと思います。


人間だけでなく、動物たちとのコミュニケーションを必要になってくるので、そう簡単に努まる仕事ではないと思います。


研究やプライベートについても大変だとは思いますが、両立して頑張っていって欲しいと思います!


ぜひ、これからの生物学を牽引して欲しいものですね。

菊池夢美さんが研究を続ける”アマゾンマナティー”とは?



日本で唯一の研究となる”アマゾンマナティー”の研究を続けている菊池夢美さん。


そもそも、アマゾンマナティーの研究とはどういう研究になるのでしょうか。

<アマゾンマナティーについて>

・アマゾンマナティーとはカイギュウ目マナティー科マナティー属に分類される哺乳類。

・生息地はエクアドル・ガイアナ・コロンビア・ブラジル・ペルーのアマゾン川・エセキボ川水系。

・最大体長は2.8メートルで体重が350~500キログラム。

・マナティー科では最小種で鼻面はやや前方へ向かうが、口は下方にあって体色は青みがかった灰色になっている。

・胸部や腹部には不規則に白色斑が入る個体が多い。

・標高200メートル以下にある淡水域にのみに生息していて、水温が25~30℃の環境を好む。

・食性は植物食で主に水面に浮かぶ水生植物を食べるが、水辺にある陸生植物を食べる事もある。

アマゾンマナティーについて、少しは理解できたでしょうか。


たしかに、マナティーといえば菊池夢美さんも虜になった沖縄美ら海水族館にマナティーがいますが、名前でも分かるようにおもな生息地がアマゾンになります。


本物のアマゾンマナティーを見に行くためには、実際にアマゾンまで行くことになりますよね。


もちろんそう簡単には、本物のアマゾンマナティーには遭えないってことです。


僕も、いつかはマナティーに遭ってみたいものです。

管理人管理人

日本で唯一とされている、アマゾンマナティーの研究を続けている菊池夢美さん。
プライベートについては詳しく語られていないものの、海洋生物学者としての実績が確かということが分かりました。
今後も生物学者として、活躍されていくに違いないと思います。
これからも、アマゾンマナティーに関するさまざまな情報を追究していってほしいですね!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

コメントを残す