みなさんは、「エースコック」という食料品会社をご存知でしょうか。

一度CMやスーパーなどで名前を聞いたり、商品が並べられているのを見たことがよくあると思います。

そんな人気商品をこの世に送り出しているエースコックの社長さんをされているのが村岡寛(むらおかひろし)さんです。

今回は、そんな大手食料品会社で社長として勤務している村岡寛さんが3月3日(木)放送予定の「カンブリア宮殿」に登場します。

放送ではどのような経緯で彼が初代社長の父に代わりニ代目社長に就任したのか、いったいどのようにしてパン製造から現在の大手食料品会社に成長させたのかなど、様々な経歴が聞けるかもしれませんね。

今回のカンブリア宮殿の放送も楽しみになってきました!



エースコック社長である村岡寛さんの経歴や大学と年収は?

「ワンタンメンシリーズ」や「わかめラーメン」、「スーパーカップ(麺類)シリーズ」など多くのッヒット商品を開発し、食料品の中でも大手として活躍しているエースコック。

そんな大手食料品会社で社長を務めているのが村岡寛さんです。

村岡寛さんは、あの大手会社の創業者である村岡慶二さんを父に持つ有名なお方で、現在は自身も社長としてこのエースコックの経営に携わってきました。

村岡寛さんの父親である、村岡慶二さんがどんなお方なのか気になりますね。

こちらは、後ほど紹介したいと思います。

ちなみにエースコックといえば、先ほども紹介したように「ワンタンメンシリーズ」や「スーパーカップ(麺類)シリーズ」などの人気商品を開発・販売し、幅広い年齢層の方に人気です!

僕も食事のメニューに困った時や、麺類が食べたい時によくエースコックのカップラーメンを食べています。

麺や味にも様々な種類があるのでお好みに合わせて購入できるところがいいですよね!

そんな、エースコックの経歴を簡単にまとめてみたのでご紹介します。

<エースコック株式会社プロフィール>

★事業内容:即席麺・スナック類・乾麺やスープなどの調味料製造および販売

★従業員数:678名(2014年12月現在)

★所在地:大阪府吹田市江坂町

出典先:wikipedia

エースコックは、1948年に創業者の村岡慶二さんが大阪市住吉区で龍門製パン所を設立したのをきっかけに、現在の食料品会社として発展します。

1954年にはパン製造だけでなく、ビスケットなどのスナック類の製造・販売も開始。

1963年にのちに大ヒット商品となる「ワンタンメン」を発売。

皆さん食べたことあります?僕は一時期ハマってました(笑)

同業者である日清食品の「チキンラーメンと共に、現在での人気商品になるまでのロングセラー商品となりました。

ちなみに、インスタントラーメンのメーカーとしても人気はあるそうですが、東北限定商品として販売されているそうです。

1993年には初の海外にも子会社を設立。

最初はベトナムに子会社を設立して、インスタントラーメンはベトナム人にはかなりの人気となっているそうです。

2010年の時点でベトナム内でのシェア率が65%となり、株式を上場していない即席麺メーカーとして大手を手がけているそうです。

エースコックは日本全国に限らず、海外でも大きな人気を集めているすごい会社だったんですね。

村岡寛さんは、関西学院大経済学科を卒業しています。

エースコックの売上高が、2014年の時に956億円とありました。

詳しい年収は載っていませんでしたが、会社の売上を考えたら社長である村岡寛さんくらいだと、年収はざっとみても
10億円以上はあるんじゃないでしょうか。

村岡寛さんは結婚して家族はいるの?

パン屋から始まったエースコックを現在まで経営してきた村岡寛さん。

そんな村岡寛さんは、現在結婚なされていました。

まぁ当たり前ですよね(笑)奥さんのお名前は道子さんだそうです。

村岡寛さんには、3代目社長候補になるお子さんもいるという噂も発見しました。

詳しく調べてみましたが、残念ながら詳細はつかめませんでした。

近日、カンブリア宮殿に出演されるのでその放送で詳細が分かるかもしれません。

気になる方はぜひカンブリア宮殿をご覧ください。

アックマンアックマン

父が創業した会社の後を継ぎ、今となっては大手食料品会社にまで発展させた村岡寛さん。
今後も幅広い年齢層の方々や世界各国の方々に親しまれる商品と三代目になるであろうお子さんの将来に期待したいですね!