あなたはテレビでネット動画をみていますか?


ネット動画はパソコンやスマホでも当然見れます。


しかし、ちょっとした投稿系の動画であればスマホでも全然見劣りがしないのですが、映画やドラマになると流石に小さな画面で観るのはツライものがあると思います。


またパソコンを使って観れなくはないのですが、できればリビングでくつろいだ状態でゆったりと映画やドラマをみたいですよね。


となると、やっぱりテレビで観た方が見やすいと思います。


ネットをテレビで鑑賞するには、アマゾンが販売している「Fire TV Stick」が有名ですよね。


ところで最近はテレビもフルHDでなく、4Kに変わりつつあります。


実は今回、アマゾンは4Kテレビ対応の「Fire TV Stick」を発売したのです。


今回は、アマゾンのストリーミングメディア端末「Fire TV Stick 4K」についてご紹介させていただきます。




「Fire TV Stick」とは?設定が超簡単!



皆さんは、アマゾンの「Fire TV Stick」というものをご存知でしょうか?


「Fire TV Stick」を一言でいうなら「自宅のWi-Fiから電波をキャッチすることで、テレビでネットがみることができる為のスティック」になります。


要は「テレビの為の無線ランの受信機」ということです。


大きさはUSBメモリサイズで、テレビのHDMI端子に差し込むだけですぐに使えるんです。


AV機器にあまり詳しくない人であれば、パソコンやスマホの初期設定を思い出されるのではないでしょうか。


スマホであれば、最寄りのスマホの代理店で初期設定をしてくれますし、パソコンであれば、購入した電気店や遠隔操作で初期設定をしてくれます。


専門家にしてもらえれば安心なのは間違いありませんからね。


ところで「Fire TV Stick」の初期設定は、購入した時にすでに終っています。


「Fire TV Stick」があなたのお手元に届いたらやっていただくことが

●「Fire TV Stick」をテレビのHDMI端子に差し込む


●電源のコンセントを繋ぐ


●ネットに接続する(Wi-Fiが飛んでいればOK)



たったのこれだけで初期設定が完了です。どうですか簡単でしょ。

「Fire TV Stick」を使用して出来る事とは?



「Fire TV Stick」では、パソコンやスマホで出来ることは何でもできます。


また、コントローラーを繋げばゲームもできます。


「Fire TV Stick」を使ってやって欲しい事

●動画コンテンツの視聴


●映画、テレビコンテンツの視聴


●音楽コンテンツの視聴


●SNSへのアクセス


●各種静止画像(写真)などをみる




テレビの大きな画面なので、はっきりと鮮明にみることができ尚且つ疲れません。


また「Fire TV Stick」は、スマートスピーカー「Alexa」にも対応しているので、音声認識リモコンを使えばハンズフリーでテレビをコントロールできます。

「Wi-Fi環境」と「HDMI端子があるテレビ」があればどこでもテレビをネット環境にできる



「Fire TV Stick」が使えるのは、自宅のテレビだけではありません。


旅先の旅館やホテル、出張先のオフィスなどに「Wi-Fi環境」「HDMI端子があるテレビ」があればどこでも「Fire TV Stick」は使えます。


全く自宅と同じ環境で、様々なコンテンツを楽しむことができます。

「Fire TV Stick 4K」はネットが見られるだけじゃない?従来との違いは?


実は2018年12月12日(水)に、4Kテレビ対応型として「Fire TV Stick 4K」が発売されました。


ところが「Fire TV Stick 4K」は、ただ単に4Kテレビでみれるだけじゃないんです。


「Fire TV Stick(第2世代)」より向上した点

●4K Ultra HD対応ができる


●パフォーマンスが従来品より80%以上向上(1.7GHzプロセッサー搭載)


●ストリーミング、ローディング機能が従来品より格段に早くなった


●Dolby VisionとHDR10+をサポート、3Dサラウンド・サウンドで聴ける


●音声操作能力が上がった




など早くて、綺麗、良音で使えるようになりました。


まとめ



今回は、アマゾンのストリーミングメディア端末「Fire TV Stick 4K」についてご紹介させていただきました。


「Fire TV Stick 4K」は、従来品より様々な面で機能が格段に向上しました。


特に、ユーザにとって嬉しいのが「バッファリング」や「ストリーミング」「ローディング機能」の向上でしょう。


サクサクやってくれるので、ストレスフリーになりました。