その独特な言動で「プッツン女優」などと言われていた秋吉久美子(あきよしくみこ)さん。

シラケ女優などとも呼ばれていました。

50歳を過ぎてから早稲田大学大学院に入学するなど、勉強熱心な一面もありましたよね。

今回は、そんな秋吉久美子さんの現在や夫や子供、ドラマ出演作品など色々調べてみたいと思います。



秋吉久美子さんの経歴

<秋吉久美子さんのプロフィール>

★名前:秋吉久美子(あきよしくみこ)

★本名:小野寺久美子

★生年月日:1954年7月29日

★出身地:静岡県富士宮市産まれ

徳島県日和佐町(現・美波町)、福島県いわき市育ち

★身長:162㎝

★血液型:O型

★所属事務所:ミズキ事務所

出典先:wikipedia

父が結核を患い、静岡県富士宮の療養所に入り看護師だった母と結婚してそこで産まれました。

その後、父の仕事の関係で徳島県日和佐町(現・美波町)に移り住みますが、父の体調が優れず、6歳~18歳まで福島県いわき市で暮らします。

福島県いわき市小名浜第一中学校卒


福島県立磐城女子高等学校(現・福島県立磐城桜が丘高等学校/偏差値約62)卒。

高校3年生の時、ラジオで聴いたヒロイン募集のオーディションを親に内緒で受けました。

映画「旅の重さ」のオーディションで次点となり、映画初出演。

その時はバイト感覚で、女優になろうと思っていなかったとか。

大学受験に失敗し、予備校通いも面白くなくブラブラしていた時、隣町で観たアングラ演劇に感銘を受け

その劇場の劇作家・内田栄一さんの夫人・ゆきさんに身柄をあずけ上京。

初めての仕事は赤福もちのCM。

その後芸名を「秋吉久美子」に変え、映画「十六歳の戦争」に出演しデビュー。

映画「赤ちょうちん」での演技が評価され、世間に名前が浸透します。

勢いに乗り映画「妹」「バージンブルース」と立て続けに出演し、人気が急上昇。

また、その大胆な脱ぎっぷりでも注目を集めました。

1979年、青い三角定規のメンバーで作曲家の岩久茂さんと結婚。

すぐに男子を出産し2年ほど芸能活動を休止。

しかし1989年に離婚し、芸能界へ復帰します。

ドラマや映画などにと活躍してきた一方、作詞家としても活躍。

2004年12月、26歳年下の日系アメリカ人と結婚。

次の年の夏に離婚しましたが、2006年2月に同じ男性と再婚。

2007年、早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程公共経営学専攻に入学。

2009年、公共経営修士取得。

2014年、2人目の夫と離婚。

2015年1月、35歳の長男が事故死してしまいます。

秋吉久美子さんの現在は?

現在64歳になる秋吉久美子さん。

若い頃のあどけなさこそありませんが、十分可愛らしいですよね。

最近はバラエティー番組への出演が多いですが、独特の空気を持っている方で、どの番組に出ても存在感ありますよね。

以前、出演したバラエティー番組で秋吉久美子さんは自身のことを「奇行はない、素直」なんて話していました。

良い意味で自分を持っている方なんでしょうね。

そういう姿がウケて、バラエティー番組の出演も増えているんでしょう。



秋吉久美子さんの夫や子供は?

1979年に結婚した秋吉久美子さん。

でき婚で、お相手はフォークグループの青い三角定規のメンバーで作曲家の岩久茂さん。

長男である「遊」さんを産みますが、1989年に離婚。

離婚の原因は秋吉久美子さんの熱愛の噂が絶えないことから、岩久茂さんの方から別れを切り出したと言われています。

息子さんは3歳の頃から秋吉久美子さんの実家に預けられ、育ててくれたのは祖父母だったとか。

中学卒業後にはアメリカの高校へ進学。

秋吉久美子さんは2004年に映像クリエイターの日系アメリカ人と再婚。

しかも26歳も年下。

ですが翌年には離婚してしまい、2006年にはよりが戻ったのかまた入籍しています。

秋吉久美子さんいわく「1度目は情熱と本能で結婚したけど、2度目は覚悟で結婚した」そうです。

しかし結局、2014年に離婚してしまいます。

理由は「生活をしていく上で、年齢と経験による温度差が年を重ねるにつれ精神的に疲れるようになったから」だそうです。

離婚して2週間後、元旦那のグレンさんは覚せい剤取締法違反で逮捕。

もう離婚が成立していたためか、あまり騒がれなかったようですね。

そして最も悲惨なのは2015年1月。

1人息子の「遊」さんが事故死。

息子さんは東京都港区の大学病院の敷地内で亡くなっており、遺体が見つかったのは病院裏の非常階段。

暗がりの中、柵を乗り越え階段に飛び移ろうとして約9メートル下に転落してしまったそうです。

当時、警備員のバイトをしていたそうですが、なぜ病院へ行ったのかなどは不明。

謎の残る事故死でした。

秋吉久美子さんの焦燥感は半端じゃなかったでしょうね。

秋吉久美子さんの若い頃のドラマ出演作は?

若い頃から演技派で、数々の賞を受賞している秋吉久美子さん。

ゴールデンアロー賞映画新人賞、ブルーリボン賞主演女優賞など多数受賞しています。


※秋吉久美子さんの若い頃

ここでは、秋吉久美子さんの若い頃のドラマ出演作をご紹介します。

★ドラマ出演作品

・1973年 「太陽にほえろ!」 被害者・中上タカコ役

・1973年 ポーラテレビ小説「愛子」 山科役

・1974年 土曜日の女シリーズ「女子高生殺人事件」 美雪役

・1977年 NHK大河ドラマ「花神」 おうの役

・1978年 土曜ドラマ「松本清張シリーズ・火の記憶」 ふみ/頼子役(二役)

・1980年 土曜ナナハン学園危機一髪「シラケ帝国応答アリ」 由美役

・1980年 「妻は霧のなかで」 ゆき役

・1980年 「しあわせ戦争」 悠子役

・1981年 「加山雄三のブラック・ジャック」 ケイコ役

・1982年 火曜サスペンス劇場「可愛い悪魔」 主演・秋本涼子役

・1987年 NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」 猫御前役

以上が秋吉久美子さんが33歳までのメジャーな出演作品になります。

アックマンアックマン

今回は元祖プッツン女優などと言われていた、秋吉久美子さんについて調べてみました。
最近はバラエティー番組などでよく見かけますね。
同じ方と2度結婚してるんですね。
息子さんについては、残念としか言いようがないです。
それでも立ち直って気丈に振舞っているんでしょうか。
まだまだお元気そうなので、今後も活躍して欲しいですね。