3月15日(水)に放送予定の『徹子の部屋』に、元女優・モデルとして活躍した君島十和子(きみしまとわこ)さんと、皇室ご用達で有名な”君島ブランド”の息子である君島誉幸さんご夫婦が登場します。

皇室ご用達ともなれば、かなりの有名ブランドだったのでしょうか。

君島ブランドの現在と、君島さん夫婦のこれまでの経歴についてまとめてみました。



君島誉幸さんは御曹司?経歴が気になる!

以前は、皮膚科の医師として活動されていらっしゃった君島誉幸さん。

みなさんは「君島ブランド」という名を聞いたことがありますか?

僕は今まで聞いた事がないブランドで、存在を初めて知りました。

一般的に有名なブランドといえば、グッチとかブルガリとかですよね。

君島ブランドは、上流階級向けとして地位を築いていき、皇室ご用達の人気ブランドでした。

元々は君島誉幸さんの父である君島一郎さんが設立した会社で、君島誉幸さんは時期社長として就任をしました。

しかし、父親である君島一郎さんが亡くなってしまった事で、お兄さんである君島立洋さんと母の事で対立してしまうことに。

やがてこの問題は兄、君島立洋さんと君島誉幸さんとの遺産問題へと大きく発展し、結果として君島ブランドは倒産へと向かってしまいます。

遺産問題などによってできた借金は、なんと40億円もあったんだとか。

それは君島誉幸さんにとっては、絶望的な状況でもありました。

君島ブランドは継続困難となり、ブランドとして破綻することになってしまいました。

巨額の借金を負うことになった君島誉幸さん。

その危機的状況を救ったのは、元モデル・女優として活躍した奥さんの君島十和子さんでした。

次は、旦那さんの窮地を救った妻の君島十和子さんについて紹介します。
 

スポンサーリンク

現在は実業家として活躍する君島十和子さんプロフィール!

<君島十和子さんプロフィール>

★生年月日:1966年5月30日

★出身地:東京都豊島区

★職業:実業家

出典先:wikipedia

君島十和子さんは、映画やテレビを中心に女優として活動する一方で、ファッションモデルとしても活動していました。

女優活動をメインにしていくなかで、現在の旦那さんである君島誉幸さんと出会います。

旦那さんと結婚後は、芸能活動を引退。

君島誉幸さんが抱えた借金40億円の返済にも関与し、プライベートでは2児のお子さんを出産。

借金返済のために、かつてファッションモデルをしていたという経歴を生かして、雑誌を中心に洋服や化粧品のブランドを持つことを決意したんだとか。

君島十和子さんが設立したブランドは「フェリーチェトワコ」というブランド名になります。

君島十和子さん自らプロデュースを務め、商品開発や経営にも携わっています。

また夫の君島誉幸さんも、以前の職業であった皮膚科医という経歴を活かして、妻同様に商品開発へ大きく貢献されているという事です。

そのおかげもあり、抱えた借金40億円を見事に完済。

借金という地獄から脱出することができたという事です。

旦那さんのために、自らブランドを起ち上げるという賭けにも似たような精神は素晴らしいと思います。

もし君島十和子さんも起業に失敗していたら、完済どころでは済まされない問題になっていたと思います。

人生を生き抜くなかで、時には賭けにでることも必要という状況を、見事に乗り越えたのは素晴らしいの1言であります。

今後も軌道に乗り続けていくことを期待しています。
 

スポンサーリンク

君島誉幸さんと君島十和子さんの子供が気になる!

君島誉幸さんを借金地獄から救った君島十和子さん。

無事に問題も解決し、プライベートでもお子さんの育児が落ち着いてきます。

自身が元女優であったこともあり、お子さんの進む人生を旦那さんとともに見守っているんだとか。

そしてその努力が実ったのか、娘さんは宝塚音楽学校に進学するまでに成長したのです。

君島十和子さんの娘さんは現在、宝塚歌劇団の月組で「蘭世惠翔(らんぜけいと)」として活躍しています。

お母さんの様に素敵な女優さんへと大成長していって欲しいと思います。

ご夫婦一丸となって、娘の成長を支えながら今日まで奮闘されてきた事でしょうね。

君島十和子さんが経営にも携わっている自身のブランド「フェリーチェトワコ」

2005年に設立され、今年で創立12年目を迎えます。

女性向けの商品がメインとなっていて、化粧品やコスメなどの女性にとってはうれしい商品を取り扱っています。

この会社の代表取締役に君島誉幸さんが就任して父の後継ぎができなかったのをバネにして活動をしています。

従業員も約30名を雇用して、日々の営業に務めています。

最近、僕も会社の営業に務めていますが全ての業務が簡単には進みません。

従業員と経営者のバランスが成り立たないと難しいことがいくつもあります。

今後も、さまざまな困難にも負けずに立ち向かっていく強い会社であって欲しいものです。

アックマンアックマン

旦那さんを借金地獄から見事に救った君島十和子さん。
経営だけでなく、家庭においても良き母親として、君島誉幸さんと共に娘を立派に育て上げられたというのは素晴らしい事ではないでしょうか。
これからの君島さんファミリーの活躍からも目が離せません!