5月5日(金)にテレビ朝日系列で放送予定の『徹子の部屋』に、女優の寺島しのぶさんと息子さんである寺嶋眞秀(てらしままほろ)くんが登場します。

寺嶋眞秀くんが今回、4歳にして歌舞伎役者デビューを果たしたということで、今回は寺嶋眞秀くんの素顔や家族関係についてまとめていきたいと思います。



寺嶋眞秀くんはハーフで父親はフランス人?気になる家族関係!

4歳にして、歌舞伎役者デビューをすることになった寺嶋眞秀くん。

現在は、保育園に通いながら稽古に励んでいるということで、未来を担う立役者になるのではないかと期待されています。

そんな、寺嶋眞秀くんのお母さんはみなさんご存知のとおり女優の寺島しのぶさんになります。

寺島しのぶさんといえば1992年に女優としてデビューし、2000年には映画デビューも果たしています。

人気作品にテレビドラマでは「純情きらリ」や「龍馬伝」「あさが来た」、映画では「シベリア超特急2」や「赤目四十八瀧心中未遂」「ハッピーフライト」などがあります。

人気大女優の息子であるということで、多くのメディアが注目をしているそうです。

親が女優なら背中を追いかけるべく、俳優になるのかなと思ったら歌舞伎役者とは一体どういう事なんでしょうか。

寺嶋眞秀くんはまだ4歳という若さ。

4歳で歌舞伎などのお芝居が出来るのか不安に思いますが、実は幼い頃から歌舞伎に興味があり、幼稚園に通う同級生にも歌舞伎の芝居を教えるほどなんだとか。

ちなみに、よく教えていた歌舞伎のお芝居は「切腹」なんだそうです。

4歳で切腹を教えるとはかなりの腕前だと思います。

たしかに4歳といえば、よく真似事などをして遊んだりしますよね。

この歳で歌舞伎とお芝居に興味があるということで、今後の成長が気になります。

そんな寺嶋眞秀くんがメディアで注目されているのが、歌舞伎初の”ハーフ役者”であるということです。

寺島しのぶさんのwikiには、本名として「寺島・グナシア・忍」との記載がありました。

詳しく調べてみると、寺島しのぶさんは2007年2月にフランス人で当時アートディレクターとして活躍していたローラン・グナシアさんと結婚されていました。

当時、ローラン・グラシアさんには別の女性との間に一人娘がいて、本人も実子として認知しているとのことです。

2012年9月に寺嶋眞秀くんが誕生したため、日本とフランスのハーフであることになります。

歌舞伎界ではハーフ出身の歌舞伎役者は初とのことで、さらなる活躍が期待されているそうですね。

ハーフであるためなのか、名前の由来として「大和の国」「日本の美しい国土と人々の心を称えた言葉」という意味があるそうです。

今後の活躍や歌舞伎を通して、日本の素晴らしさを世界中に伝えていって欲しいと思います。
 

スポンサーリンク

寺嶋眞秀くんが通う幼稚園はどこなの?

4歳にして、歌舞伎界で初の歌舞伎役者となった寺嶋眞秀くん。

彼が通う幼稚園が普通の幼稚園と違うということで、こちらもマスコミの注目となっているそうです。

寺嶋眞秀くんが通うのは、これまでに多くの芸能人が門をくぐったことでも知られる「青山学院幼稚園」なんだとか。

青山学院幼稚園を卒園した人気芸能人として貴乃花親方夫妻や江口洋介さん、森高千里さん夫婦などが挙げられます。

歌舞伎界では、市川染五郎さんや香川照之さんなども青山学院幼稚園を卒園されています。

青山学院幼稚園は東京都渋谷区渋谷に位置していて、幼稚園から大学まで一貫教育制度を利用して通うことができます。

ちなみに、寺島しのぶさんも幼稚園から大学までをこの青山学院で過ごされています。

青山学院幼稚園に通いながら歌舞伎役者としても活動していくということで、正式な歌舞伎座デビューは5月3日~5月27日の「團菊祭五月大歌舞伎」になります。

記念すべき歌舞伎座デビューということで、悔いのないように精一杯頑張って欲しいと思います。

寺嶋眞秀くんの父親であるローラン・グナシアさんとは!?

寺嶋眞秀くんのお父さんで、寺島しのぶさんのご主人はアートディレクターとして世界中で活躍中のローラン・グナシアさん。

先ほども紹介したとおり、フランスの出身になります。

これまでに、どのような活動をされてきたのかまとめてみました。

<ローラン・グナシアさんプロフィール>

★生年月日:1967年(月日は非公開)

★出身地:フランス・トゥルーズ

★最終学歴:トゥルーズ大学数理経済学部

★職業:アートディレクター・キュレーター・プロデューサー

出典先:http://sugisaku39.com

ローラン・グナシアさんは大学を卒業後、約2年間パリにあるクレディ・リヨネ経済調査センターに在籍しながら世界各地を旅していました。

在籍しながらの2年間で、大学で学んだ知識を生かして仕事をされていたんですね。

その後は、ベルギーの映画制作会社「IN BRUXELLES」で勤務して、カンヌ国際映画祭にも出品をした「リュシアン赤い小人」をプロデュース。

1997年からは、マルセイユ国際ドキュメンタリー映画祭のディレクターに就任。

2007年に結婚してからは「LA BOITE」を立ち上げ、現在も映画やファッションに音楽とさまざまな場面で活躍をされています。

過去には日本にも来日した経歴があり、その時に寺島しのぶさんと交際をして結婚まで至ったと思われます。

今後も自身の活動も続けながら、寺島しのぶさんの女優業と寺嶋眞秀くんの歌舞伎役者としての活動を見守っていくと思われます。

これからも、家族で末永く幸せに活動を続けて欲しいと思います。

アックマンアックマン

いよいよ歌舞伎役者として、初歌舞伎座の舞台にあがる寺嶋眞秀くん。
母は女優で父がアートディレクター、自身が歌舞伎役者ということでいつしか3人での共演が実現するのも夢じゃないかもしれませんね!
これからの未来を担う立役者として、今後も頑張って欲しいと思います。