年齢や世代に問わず、多くの人々に愛され憧れの的になっている芸能界。

年齢を気にせずに、活躍している芸能人もたくさんいますよね!

今回は還暦を迎えても、元気に活躍している本田博太郎(ほんだひろたろう)さんをご紹介したいと思います。



本田博太郎さんは大御所俳優!気になる経歴を紹介!

みなさんは、本田博太郎さんをご存知でしょうか。

僕も何度かテレビで拝見していますが、年齢を気にさせない若さで、現在も活躍されていますよね!

今後も、大活躍されることが間違いないであろう、本田博太郎さんのこれまでをご紹介したいと思います。

<本田博太郎・プロフィール>

★生年月日:1951年2月8日

★出身地:茨城県水戸市

★身長:170cm

★血液型:A型

★職業:俳優・書家

★所属事務所:マツ・カンパニー

出典先:wikipedia

本田博太郎さんが芸能界と出会うきっかけとなったのは、劇団青俳に加入したことでした。

高校を卒業して、すぐに上京してから小さな劇団を作り、近所の喫茶店を借りて芝居を披露するなど小さい頃から役者を目指していたそうです。

そんな中で文学座演劇研究所を経て、劇団青俳に加入して1977年に「性ど愛のコリーダ」で映画初出演を果たします。

それから、2年後の1979年には夢を追い続ける気持ちが強くなったとの思いから、出演した「近松心中物語」という舞台に出演。

その途中で、公演中に腰を痛めてしまった主演の平幹二郎さんに変わって主演の代役に抜擢され、その公演が大盛況となりました。

さらに翌年、1980年には演出家の蜷川幸雄さんが演出した「ロミオとジュリエット」にも出演して、第17回ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞しました。

このように、舞台を中心に俳優としての技術を身に付けていき、現在は舞台だけでなくドラマや映画にも出演しています。

今後も、さまざまな場面で活躍されていくに違いないと思います!

そんな、本田博太郎さんは現在は俳優だけでなく、書家としても活躍されているとのことでした。

本田博太郎さんは、今後も期待できる俳優かもしれませんね。
 

スポンサーリンク

本田博太郎さんは昔がイケメン?結婚はしてるの?

本田博太郎さんのこれまでが分かったところで、続いてはプライベートについて調査してみようと思います!

優しい役柄を多く演じている事で知られる本田博太郎さんですが、昔からイケメンで優しいと言われていたそうです。

実際に若い頃の写真を見てみると…

若い頃の本田博太郎さん

たしかに優しいと言われても、おかしくないほどに笑顔が素敵ですよね!

これなら、優しいと言われてもおかしくないですよね!

もちろん優しい役柄だけではありませんが、常に思いやりを入れての演技をされているのだと思います。

どの役柄にも「想い」って大事ですよね!

これからも、その想いを忘れずにやっていくと思います。

役柄では優しい本田博太郎さんですが、プライベートではどうなのでしょうか。

まずは結婚について調べたのですが、現在はすでに結婚されていて3人のお子さんもいらっしゃるとの事でした。

ちなみに、長男さんは同じく俳優として活躍されている「本田大輔さん」です。

親子で所属する事務所は違いますが、いつしか親子で共演ということもあり得ると思います。

残念ながら、奥さんと2人のお子さんに関しての詳しい情報を掴むことは出来ませんでした。

ですが、本田博太郎さんは愛妻家としても知られているので、きっと幸せな生活を送られていると思われます。

これからも、末永く過ごされてほしいと思います。
 

スポンサーリンク

本田博太郎さんのドラマ出演作を紹介!

さて、ここまで本田博太郎さんのこれまでについて、紹介してきましたがいかがでしたか。

今を代表する俳優の1人として、今後の活躍も期待したいですよね!

最後に本田博太郎さんが、どのような作品に出演されているのかを調べてみたのでご紹介したいと思います。

<本田博太郎さん・ドラマ出演作品>

★大河ドラマ 花神(1977年)

★新・座頭市 第3シリーズ(1979年)

★ただいま放課後(1980年)

★夜の花火(1981年)

★新・必殺仕舞人(1982年)

★真田太平記(1985年)

★絢爛たる流離(1987年)

★凍える牙(2001年)

★十津川警部シリーズ28(2003年)

★セーラー服と機関銃(2006年)

出典先:wikipedia

以上が本田博太郎さんが、主に出演された代表作品になります。

もちろん上記で紹介した作品以外にも、ここには書ききれない程の作品に出演されています。

今後も俳優として活動していくに違いないと思うので、息子さんの模範となるように頑張っていかれるのではないでしょうか。

アックマンアックマン

これまでに、数多くの作品に出演されている事で知られる本田博太郎さん。
これからも多くの人に愛され、愛する人材としてやっていかれると思います。
どうかお身体に気をつけて頑張ってほしいと思います。