馬と騎手とのコンビネーションが重要となる「競馬」

毎回、白熱の闘いが行われていますよね!

人気の選手に武豊さんや、福永祐一さんなどがいます。

そんな人気競馬に新たな新人選手が、快挙を収めたということで調べてみたいと思います。



菊沢一樹さんのプロフィール(経歴)は?父親や家族は?

幅広い世代に、人気のスポーツの一つである「競馬」

そんな人気競技で、日本では16年ぶりとなる快挙を成し遂げた選手がいるとの情報をゲットしました。

今回はそんな偉大な快挙を成し遂げた選手の一人、菊沢一樹(きくざわかずき)さんについてご紹介します。

<菊沢一樹さんプロフィール>

★生年月日:1997年8月27日

★東西:美浦(所属調教師:菊沢隆徳)

★資格:平障

菊沢一樹さんは、茨城県にある美浦トレーニングセンターに所属している現役の騎手です。

菊沢さんは、今年デビューされた新人の騎手で、これまでに多くの大会に出場するも大きな成績を残せずにいました。

しかし、今回5月7日に行われたJRA(日本中央競馬会)主催の大会で初勝利を挙げたとして注目を集めました。

今回の大会で、菊沢さんは94戦目にして初勝利をすることができました。

また、叔父には有名な騎手の1人横山典弘さんがいます。純血の騎手家系であることが分かります。

これまでに、さまざまな奮闘があったことがあると思います。

今後は期待の新人として、活躍する大きな人材になるかもしれませんね!

ちなみに現在、菊沢さんの所属調教師を務めている菊沢隆徳さんは菊沢一樹さんの父親でした。

菊沢隆徳さんは、同じく美浦トレーニングセンターに所属している調教師で、元は騎手としても活躍していました。

今回の大会も、親子共に一致団結して獲得した初勝利だったんですね!

菊沢一樹さんも、父に報告することが出来て良かったと嬉しそうに話していました。

菊沢さんは現在18歳ということで、これからの人生は騎手として生きていかれるんでしょうか。

今後の騎手人生にぜひ期待したいですね!

菊沢一樹さんのこれまでの成績と獲得賞金は?

今回94戦目にして、JRA初勝利を収めた菊沢一樹さん。

これまでにどのような成績を収めてきたのか、調べてみました。

<菊沢一樹さん成績一覧>

2016年3月26日:中山2R:4位

2016年4月10日:中山7R:3位

2016年4月23日:東京1R:2位

2016年5月1日: 東京1R:3位

2016年5月7日: 東京1R:1位(過去最高順位)

以上が、菊沢一樹さんの主な成績になります。

デビューされた3月から順に、その月の最高順位を集めてみました。

それにしれも、かなりの好成績ですよね!

詳しく見ていくと、たしかに10位以下の成績もありました。

そう簡単に、上位に行くことはできないということが分かる成績一覧でした。

気になる方は、ぜひ一覧表(http://db.netkeiba.com/jockey/01161/)をご覧ください。

菊沢一樹さんは、これまでに94戦というかなりの大会に出場されています。

これまでに、獲得した賞金の合計額は2570万ということ。

18歳で2570万円・・・かなりの額ですよね!

しかし、競馬の世界ではかなり低いようです。

ちなみに今回菊沢さんが出場したJRA主催の大会は1着になると最高2億円もらえます。

となると、今回の大会でかなりの賞金を獲得されたことになりますね。

そうなるとやはり、10代にしてはかなりの金額になることに変わりはないですね。

これからも、さらなる飛躍が期待できます!
 

スポンサーリンク

菊沢一樹さんはどんな騎手スタイル?騎乗動画を公開!

今回の大会で、初勝利を収められた菊沢一樹さん。

今後も、さらな活躍を期待して躍進中です。

そんな菊沢一樹さんは、どのような騎乗をされているのか最後に騎乗動画を公開したいと思います。

菊沢選手の貴重な騎乗動画

これが18歳の騎乗とは思えない騎乗ぶりですよね!

大人に負けない迫力のある騎乗でした。

これなら、今後も大活躍間違いなしですね!

アックマンアックマン

今回のJRAで新人でありながらも初勝利を収められた菊沢一樹さん。
調教師でお父様の指導のもと、今後もプロとして活躍して欲しいと思います。
18歳である今年からまだ騎手としての活動は始まったばかりです。
その若さを生かして頑張っていってください!