最近、メディアに露出する機会が増えてきた猿回しでお馴染みの”ゆりありく”さん。

天才!志村どうぶつ園をはじめ、どうぶつ奇想天外!、水曜日のダウンタウンにも出演されたことがあります。

今回はゆりありくのツッコミを担当されている鈴木ゆりあさんにスポットを当ててみました。



鈴木ゆりあさんのプロフィール

本名:鈴木由梨亜

生年月日:1978年10月9日

出身地:埼玉県

血液型:O型

特技:イラストを描くこと/陸上競技(砲丸投げ・円盤投げ)

趣味:音楽鑑賞(80‘s・マイケルジャクソン大好き)/ジオラマ作り(工作)/カラオケ/ファッション研究

出典先:タイタン

鈴木ゆりあさんは、幼い頃からニホンザルが大好きでありました。

日頃から将来の夢は「日光さる軍団の先生」と周りには言っていたそうです。

高校卒業後は、東京動物専門学校の飼育管理学科へと進学。

そこで、猿回しという世界があることを知ったんだとか。

専門学校を卒業後、猿回し師として有名な村﨑太郎さんのもとへ行き弟子入りすることとなりました。



師匠・村﨑太郎さんと鈴木ゆりあさんの関係!初代リクとの今生の別れ

村崎太郎さんとの出会いは、今から約20年以上も前になります。

株式会社「太郎倶楽部」代表取締役で日光さる軍団の主宰でもある村崎太郎さん。

鈴木ゆりあさんは、村崎太郎さんの1番弟子となりました。

入門からほどなくして、師匠から「コンビを組む相棒(サル)を選べ」と言われ、なんとなく選んだ相手が当時1歳で、山で保護されたばかりの“初代相方りく”でありました。

もちろん、入ったばかりの鈴木ゆりあさんには、基本である猿と一緒に歩くという基本動作も出来ませんでした。

それに対して、師匠は「お前がサルになれっ!!」と厳しい指導を徹底しました。

そんな初代相方りくですが、2019年4月に残念ながらこの世を去りました。

19歳だったりく。人間でいうところの80歳を超えていました。

師匠も「この別れは何度経験しても辛い」というふうにおっしゃています。

りくとの別れに対して、鈴木ゆりあさんは

18年もの間、いつも隣にいることが当たり前だったりくがいなくなった事、未だ実感がありません。

どんなに苦しい事があっても、りくがいてくれたから乗り越えられました。これからどうなるか不安です。ずっとりくに頼りっぱなしなしでした。

これからはりくが教えてくれた事、りくに頼らず前に進んでいかなければならないと思っております。

りく、あなたのような最高の相方と一緒の時代を生きる事が出来て本当に幸せだったよ。

このようにコメントを残しています。

鈴木ゆりあさんは結婚してる?相方くぅの存在

鈴木ゆりあさんの結婚に関して調べたところ、現在はまだ独身だということです。

ツイッターを拝見しても、お猿の相方とずっと一緒の写真しかございませんでした。

今は現在の相方くぅと行動を共にしているようでした。

これまで動物と一緒に過ごしてきた鈴木ゆりあさんにとっては、くぅが今は最高のパートナーなのかも知れません。

りくとは18年もの間、一緒に過ごした鈴木ゆりあさん。

師匠である村崎太郎さんも、相方”次郎”とは14年間だったと言います。

ゆりありくは、師匠を超えることが出来ました。

次はくぅと共に、一緒に過ごす時間を超越していって欲しいと思います。