大人気ドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」ですが、今回は芸人の小堀敏夫さんが登場されるということです。

番組のタイトル名が「52歳でクビになりました。~クズ芸人の生きる道~」とあります。

同じ芸人で同性の2丁拳銃・小堀裕之さんもクズ芸人としてかなり有名なので、初めタイトル名を見た時、小堀裕之さんかと勘違いしてしまいました。

今回は芸人の小堀敏夫さんについて迫ってみたいと思います。



ノンフィクションのあらすじ

いつもジャイアンツの帽子をかぶっているその男…小堀敏夫52歳、独身。貯金はゼロ、家賃2万8千円のアパートに住み、ガスは止められ、スーパーで割引になったとんかつ弁当と一緒にカップヌードルを食べる暮らし。
そんなどうしようもない小堀には、30年近くも続けている“仕事”がある…それが「お笑い芸人」だ。
ワハハ本舗に所属し「ガッポリ建設」というコンビを組んでいる。
主宰の喰始(たべ・はじめ)からは「クズ芸人」と呼ばれている。芸人として何一つ努力もせず、毎日パチスロばかり。
「仕事」と称して出かけるのは、昨今世間で話題になった芸人による「ギャラ飲み」…たとえクズ芸人と呼ばれようが、小堀にとっては「お笑い芸人」でありつづけることが大切なのだ。
小堀の所属するワハハ本舗では、仕事のない芸人を救済するために3カ月に一度、お笑いライブが開かれている。
みんなの前で芸を披露し、主宰の喰にアイディアをもらいながら、本番に向けて芸を練り上げていく。
小堀も参加するが、やる気は全くない。喰のダメ出しには、いつも言い訳ばかり。
そんなクズ芸人・小堀を見続ける喰は「自分は人間を嫌いになれない」「クビは切れない」と言い、長年、見逃してきたのだが…




小堀敏夫さんの本名や学歴などプロフィール!相方の室田稔さんは結婚していた?

本名:中野和則

生年月日:1967年7月10日

出身地:群馬県伊勢崎市

身長:身長177cm

血液型:O型

特技:麻雀、パチンコ

小堀敏夫さんは、日本通信大学の通信卒業生です。

1992年の春に3代目三遊亭圓丈に入門。「三遊亭ぐん丈」の高座名を名乗っていました。

1997年5月に2つ目まで昇進をしましたが、2000年に一門を破門されています。

ブログでは、ご自身の本名「中野和則」と「三遊亭ぐん丈」について、とてもイヤだったとおっしゃっています。

ちなみに「中野和則」で24年、「三遊亭ぐん丈」で4年、「小堀敏夫」で23年の活動歴があります。

1997年3月に「ガッポリ建設」を結成しました。

当時はトリオとして活動していましたが、2002年4月に一人脱退し、現在に至ります。

2003年からWAHAHA商店に所属をしており、有名なバラエティー番組だと「エンタの神様」「あらびき団」「ぷっすま」にも出演したことがあります。

相方でもある室田稔さんは実は結婚しており、子供さんもいらっしゃいます。

かなりの難産で16時間にも及んだそうですが、出産には立ち会ったようで

普通の芸人は日曜日はイベントなどで稼ぎ時だが、その日曜日に16時間もの時間をずっと立ち会えたのは売れてないからこそできた荒技。今日ほど売れてないことに感謝したことはない

こんなコメントを残していました。

小堀敏夫さんのその後や昔の画像

ノンフィクションのあらすじでは、演出家である喰始(たべはじめ)さんに、とうとう見限られて捨てられてしまうとあります。

そりゃ芸人としてやる気がなければ、クビになって当然だと思います。

小堀敏夫さん、ありがたいことに個人のブログを開設しており、しかもかなりマメに更新しております。

最近、更新されたブログを見る限りでは、ワハハ本舗を本当にクビになったようで長野に行ったり、草津に行ったり、東京から離れたと思えば、表参道をブラブラしている様子をアップしております。

クビになったことで、今は本当に路頭に迷ってしまった状態なのかも知れませんね。

昔、小堀敏夫さんの家族が撮った幼い頃の写真をブログでアップしていました。

なんとも、可愛らしいものです。

まさか、この当時は芸人になるとは夢にも思ってなかったかも知れません。

小堀敏夫さん、これからどんな人生を歩んでいくかは分かりませんが、決して自分の人生を諦めずに前向きに挑戦していって欲しいと思います。