「わたしの、わたしの彼~は~左ききぃ~」のフレーズで大ブレイクを果たした麻丘めぐみさん。


1973年、その「わたしの彼は左きき」で、紅白歌合戦にも出場しましたね。


今回は、そんな麻丘めぐみさんの現在や夫や子供、若い頃や代表曲などを調べてみたいと思います。



麻丘めぐみさんのプロフィールや経歴を紹介!


<麻丘めぐみさんのプロフィール>

★名前:麻丘めぐみ(あさおかめぐみ)

★本名:藤井佳代子

★生年月日:1955年10月11日

★出身地:大分県、大阪育ち

★所属事務所:シアタードリームズカンパニー



先祖は日出藩の家老で、父親の実家は日出城の二の丸部分にあったそうです。


活発な4歳上の姉に付き添う形で劇団入りし、1歳8ヶ月でCM出演。


3歳で子役として、芸能界デビューを果たします。


小学5年生の時、母親と上京。


中学時代には当時、創刊間もない「週間セブンティーン」などで、モデルとして本名の藤井佳代子や芸名の田島佳代子で活躍していました。


歌手だった姉の所へ度々顔を出していたところ、歌手デビューを持ち掛けられますが、しばらく誘いを断っていました。


最終的に歌手デビューを受け入れたのは、このままでは姉が契約を切られるのではと危惧し、そうならないために自分が会社の言うことを聞けばいいのではと考え、あくまでも姉のサポートするための決断だったそうです。


1972年「芽ばえ」でアイドル歌手デビュー。


1973年「わたしの彼は左きき」が大ヒット。


その年のNHK紅白歌合戦にも初出場。


この曲のヒットで左きき用品が、多数発売されるようになったというエピソードがあるそうです。


彼女の当時のトレードマークだった姫カットはブームになりましたが、本人的には髪型のバリエーションを持たせやすいようにという合理的な理由からの髪型でした。


1977年、フジテレビ社員のディレクターと結婚。


自分の人生をリセットしたい気持ちがあり、芸能界を引退。


1983年、離婚と同時に芸能界へ復帰。


2000年「シアタードリームズ・カンパニー(TDC)」を主宰。


2008年頃から歌手活動を再開。


2009年、33年ぶりにファンクラブが発足されました。

麻丘めぐみさんの今現在は?



芸能界へ復帰後「シアタードリームズ・カンパニー」を立ち上げた麻丘めぐみさん。


そこで女優として、活動や演出なども務めています。


テレビなどにもちょこちょこ出演していますが、メインは演劇の仕事のようですね。


2019年にも舞台の出演が決まっているそうです。


まぁその合間にテレビの仕事が入れば、出演するということでしょうか。


主にバラエティーやクイズ番組、情報番組などに出演していますね。


現在63歳ですが、相変わらず愛らしい顔をしていますよね。



麻丘めぐみさんの夫や子供は?



1977年に、フジテレビで放送されていた「夜のヒットスタジオ」の制作会社に所属していたフジテレビ社員のディレクター渡邉光男さんと電撃的に結婚した麻丘めぐみさん。


当時、人気アイドルだった麻丘めぐみさんと話題の番組をいくつも抱えていた売れっ子ディレクターとの結婚。


しかも、それを機に麻丘めぐみさんは芸能界を引退してしまいます。


もちろん、周囲の反対はありましたが、普通の女の子になりたいという理由だったそうです。


ずっと芸能界に身を置いてきたので、普通というものを味わってみたかったのかも知れません。


その後、1979年に長女の「ひとみ」さんを出産します。


ひとみさんは国際的な水彩画家として活躍していて、フランス留学や韓国で初の個展開催などを行っています。


肝心の離婚理由ですが、渡邉さんの浮気グセが酷く結局、渡邉さんの方から離婚を切り出したとか。


当時人気アイドルで、あれ程可愛い麻丘めぐみさんと結婚しておいて、それで浮気をするような男性です。


離婚して正解だったような気さえしてしまいますね。


その後は誰とも再婚していないので、麻丘めぐみさんはシングルマザーでひとみさんを育てたことになりますね。

麻丘めぐみさんの若い頃のえくぼが可愛いと話題!



麻丘めぐみさんといえば、お姫様カットや可愛い笑顔の時にできるちょっとしたえくぼが可愛かったですね。



※麻丘めぐみさんの若い頃


今も笑顔になる時、左頬にできると思います。


ももいろクローバーZの百田夏菜子さんのような、ハッキリとしたえくぼではありませんが、笑った時にできるしわの奥にちょっとだけえくぼができます。


中々、見分けるのは大変ですが。


今後、麻丘めぐみさんを観る時に、気にしてみると分かるかもしれませんよ。

麻丘めぐみさんの代表曲は?



麻丘めぐみさんの1番のヒットソングは「わたしの彼は左きき」ですが、デビュー曲の「芽ばえ」もレコード大賞で最優秀新人賞を獲得する程でした。


BESTを色々出されていますが、ここではそのBESTに入っている曲をご紹介します。

1999年「麻丘めぐみ BEST OF BEST」

1. 芽ばえ

2. 悲しみよこんにちは

3. 女の子なんだもん

4. 森を駈ける恋人たち

5. わたしの彼は左きき

6. アルプスの少女

7. ときめき

8. 悲しみのシーズン


以上が収録曲になっています。


当時はこの「BEST OF BEST」シリーズは流行っていたのか、石野真子さんや堺正章さんらも「BEST OF BEST」を出しています。

管理人管理人

今回は、現在63歳になった麻丘めぐみさんについて調べてみました。
最近はバラエティーやクイズ番組などでよく拝見しますよね。
離婚されて、シングルマザーだったとは知りませんでした。
えくぼは可愛かったですが、顔自体が可愛らしかったので、あまり印象にありませんね。
今後も舞台やテレビにと、頑張っていって欲しいですね。