3月18日(金)19時~放送予定のテレビ朝日系列「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」に、1967年に「殿さまキングス」として演歌歌手デビューした宮路オサムさんが登場します。

今回、宮路オサムさんは当番組に「懐かしいといわれちゃう代表」としてデビュー当時などのエピソードや現在の近況について激白します。

ということで、今回は殿さまキングスとして当時絶大な人気を集めた宮路オサムさんについてご紹介したいと思います。



宮路オサムさんのプロフィール?殿さまキングスとは!

1967年に「殿さまキングス」のメンバーとして、活動を開始された宮路オサムさん。

殿さまキングスとは、1967年~1990年に活動していたバンドで、主に歌謡曲やコミックソングなどを手がけ、数々のヒット曲を輩出した人気バンドです。

宮路オサムさんはこのバンドのボーカルを務め、抜群の歌唱力と独特の印象的な節回しが当時注目を集めました。

ちなみに僕は「殿さまキングス」というバンドは初めて聞きました。

少し気になったので詳しく調べてみたいと思います。

殿さまキングスは、長田あつしさん、宮路オサムさん、尾田まさるさん、多田そうべいさんの四人で構成されたバンドだそうです。

主な作品に「競馬ソング」や「北の恋唄」などがあり、1973年にリリースされた「なみだの操」はあの大人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のBGMとしても起用されたそうです。

それ以降も数々のヒット曲を世に送り出してきたそうです。

そんな当時歌謡曲を中心に活動されていた殿さまキングスの人気メンバーだった宮路オサムさんとはいったどんなお方なのでしょうか。

<宮路オサムプロフィール>

★生年月日:1946年8月30日

★出身地:茨城県北茨城市

★職業:歌手(演歌歌手)

出典先:wikipedia

宮路オサムさんは1967年に「殿さまキングス」で歌手デビュー。

1973年にリリースされた「なみだの操」が爆発的なヒットを記録。

1990年の解散後は主にソロ歌手としてソロ活動を開始。

現在でも各歌番組やステージなどで活躍し、作詞・作曲、さらには俳優業としても活動しているそうです。

演歌歌手とプロデュースに俳優と、まさに多種多様な活動をされているんですね!
 

スポンサーリンク

宮路オサムさんの現在!結婚や病気の噂、代表曲とは!

バンド解散後も主にソロ活動をされている宮路オサムさん。

そんな宮路オサムさんに驚きの噂が流れているそうです。

それは「結婚」の噂と「病気」の噂です。

気になって調べたところ、いまのところ結婚に関する情報は残念ながら掴むことはできませんでした。

年齢を考えたら、結婚されていてもおかしくはないですね。

病気の噂については、1994年にアルコール依存による急性神経性胃潰癌穿孔(せんこう)腹膜炎を発症。

さらに2006年には、急性重症膵臓(すいぞう)炎<膵臓の半分を切除する手術をされているそうです。 当時2ヶ月は闘病生活を強いられ、かなり苦労されたそうです。 殿さまキングス解散後はかなり苦労されたんですね。 現在は闘病生活を終え、徐々に復帰されてきているそうです。 闘病生活を乗り越えて、現在はソロ名義で「酒無情」「あなたが命」などが主な代表曲として知られています。

<宮路オサムさん代表曲リスト>

「酒無情」

「あなたが命」

「風来なかれ唄」

「女房」

「酒ニ合」

「根室の辰」

「木村三郎51才」

出典先:wikipedia

最近では映画やテレビにも出演され、活躍されています。

再びメディアから注目を浴びているみたいなので、これからの活躍がとても楽しみです!

アックマンアックマン

当時の歌謡界に新たなスタイルを生み出し、解散後も当時のスタイルを継承しながら活躍されている宮路オサムさん。
一度は「死」も覚悟したという闘病生活を乗り越え、少しずつ調子を取り戻してきているそうです。
今後もお身体に気をつけながら頑張ってほしいですね!