今回ご紹介するのは、世界でヴァイオリニストとして活躍をしている庄司紗矢香(しょうじさやか)さんです。

庄司紗矢香さんは日本のヴァイオリニストで、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで史上最年少で優勝したことでも注目をされています。

今回は、庄司紗矢香さんについて調べてみました。



庄司紗矢香さんの母や父と大学を調査!結婚はしてる?

日本のヴァイオリニストとして活躍中の庄司紗矢香さん。

ドイツ・グラモフォンという、レーベルから楽曲も出しています。

まず初めに庄司紗矢香さんを知るべく、プロフィールや家族を調べることにしました。

<庄司紗矢香さんプロフィール>

★生年月日:1983年1月30日

★出身地:東京都国分寺市

★職業:ヴァイオリニスト

★レーベル:ドイツ・グラモフォン

出典先:wikipedia

庄司紗矢香さんは、東京都国分寺市出身のヴァイオリニスト。

当初はピアノを習っていましたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリンの演奏を見て感激したんだとか。

これがキッカケとなり、5歳にしてヴァイオリンに転向します。

1995年にはキジアーナ音楽院でヴァイオリンと室内楽を学び、14歳という若さでリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクールに出場。

ジュニア部門で日本人初の優勝を果たし、ルツェルン祝祭管弦楽団の「ソリスト」として出演しました。

その際に審査員を務めていたザハール・ブロンさんからオファーを受け、1998年からケルン音楽大学でブロンに師事。

ウィーン・ムジークフェラインザールでウィーン・デビューを果たしました。

次に、庄司紗矢香さんの家族についても調べてみました。

調べたところ庄司紗矢香さんの母は画家で、父がコンピューター技師であることが分かりました。

庄司紗矢香さんがヴァイオリニストで、画家の母と父がコンピューター技師という一家。

手先の器用さは、父、母から譲り受けたのかも知れません。

さらに結婚に関してもくまなく調べましたが、詳しい情報が掲載されていなかったので、現在はフリーであるみたいです。

もし結婚相手を探すなら、同じ音楽業界に精通しているヴァイオリニストか音楽関係者の方が、良き人生のパートナーになるんではないでしょうか!

同じ職種の方であれば、お互いに良き理解者として末永く音楽人生も続けられると思います。

今後の発展に期待しましょう。

庄司紗矢香さんの師匠は誰?

調べてみたら庄司紗矢香さんには、師と尊敬している人物がいました。

幾度も共演をされているユーリ・テミルカーノフさんです。

過去のインタビューでも「人間的にも、そして文化的な意味でも、師のような存在」と公言しています。

テミルカーノフさんは、ヴァイオリニスト奏者ではなく指揮者として有名な方です。

庄司紗矢香さんは、17歳の時に初めてテミルカーノフさんと出会い、色々な事を学んだとおっしゃています。

テミルカーノフさんのwikiにも、庄司紗矢香さんとの関係が書かれていたので、お互い近しい存在でもあるんでしょう。
 

スポンサーリンク

庄司紗矢香さんのバイオリン演奏について!

最年少にして優勝を果たし、これまでに数々の大会で受賞歴を持つ庄司紗矢香さん。

一時期は、ヨーロッパへの留学経験もされています。

母親がイタリアで美術の勉強をする際に、シエーナまで一緒についていったとの事。

そんな庄司紗矢香さんですが、どのような演奏をされているのでしょうか。

庄司紗矢香さんの演奏動画

この動画を観て、ヴァイオリン演奏での音楽の素晴らしさを痛感しました。

ヴァイオリンの音色って凄く良いですね!楽器で音色を奏でて、表現するって本当に凄いです。

庄司紗矢香さんの演奏風景を見ていても、感情を込めて演奏しているのがよく分かります。

ヴァイオリンの音色の素晴らしさを、多くの人に伝えたいという庄司紗矢香さんの想いが伝わってくるような気がします!

庄司紗矢香さん今後のコンサート情報は?

現在は日本だけでなく、世界各国でも活躍されている庄司紗矢香さん。

日本では、東京都交響楽団やグランドコンサートなどに出演されています。

今後の活躍にも、とても期待できます。

一流ヴァイオリニストである庄司紗矢香さんの、今後のコンサート情報を入手しました。

<庄司紗矢香さん2016コンサート情報>

★東京都交響楽団第817回定期演奏会Bシリーズ:11月19日(サントリーホール19:00開演)

★『肉声』~ジャン・コクトー「声」より~:11月25日~27日(草月ホール)

コンサート情報について詳しく知りたい方は、こちらのサイト(http://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11021073)へ。

日本と世界を飛び回るヴァイオリニストとして、今後も頑張ってください!

アックマンアックマン

幼き頃に、外国で暮らしていたこともあるという庄司紗矢香さん。
日本人でありながら、高校卒業後に留学されています。
留学先で本格的に学んだヴァイオリンの才能を生かして、今後も頑張ってほしいと思います。
今後も、世界中で愛されるヴァイオリニストとして頑張ってください!