私たちに、常日頃さまざまな情報を伝えているメディア業界。

テレビやラジオと新聞はもちろん、近年ではスマホなどでも情報を得られるようになりました。

テレビのニュース番組においては、基本的にアナウンサーが情報を伝えていますが、事件や災害などが起きたときに実際の現場からの情報はリポーターが生の声を伝えています。

そのリポーターとして活躍し、多くの人から絶大なる支持を得ている阿部祐二(あべゆうじ)さんについて今回は紹介したいと思います。



阿部祐二さんはスッキリリポーターでプロフィールは!

平日の8時~10時45分に放送されている「スッキリ!!」で2007年2月からリポーターとして出演している阿部祐二さん。

同番組で、司会進行をしている加藤浩次さんと「加藤さん、事件です!」や「事件です!」というやり取りは、もはやおなじみではないでしょうか。

阿部祐二さんと聞いたら、真っ先にこのフレーズが浮かぶのは僕だけでしょうか(汗)

<阿部祐二さんプロフィール>

★生年月日:1958年8月14日

★出身地:東京都板橋区

★最終学歴:早稲田大学政治経済学部卒業

★所属事務所:テンダープロ

出典先:wikipedia

2007年からリポーターとして、スッキリに出演しているということは、今年でちょうど10年目を迎えることになります。

番組自体も10年以上続いているということで、すっかり朝の情報番組の顔として、今後も多くの情報を伝えていくと思います。

主に、硬派リポーターとして知られている阿部祐二さん。

スッキリ!!で実際に起きたエピソードとして知られているのが、東日本大震災のリポートができなかったことです。

阿部祐二さんは、東日本大震災が起きた2011年3月11日の未明にタクシーで帰宅途中、千葉県浦安市内の交差点で乗っていたタクシーが乗用車と衝突。

この事故で第二頚椎骨折などの重傷を負い、同県内の病院に入院。

その後に東日本大震災が発生ししたため、リポートができない状態でした。

ちなみに、それから3ヶ月後の6月2日放送から番組にリポーターとして復帰されています。

復帰していくなかで、入院中に奥さんが病院に泊り込んで毎晩夕食を作り、献身的に看病していたことや事故の瞬間に意識を失っていても、妻に電話をかけていたことを明かしています。

まさに、命がけの1日でもあり、阿部祐二さんにとっては悔やまれる1日でもあったのかも知れません。

阿部祐二さんの記憶には、いまだ鮮明に残っている出来事だと思います。

このように、さまざまな事件などに巻き込まれても、現在までリポーターとして活動を続けられています。

阿部祐二さんにとって、リポーターという仕事はまさに転職なのかも知れませんね。
 

スポンサーリンク

阿部祐二さんの奥さんや子供が気になる!

どんなことにも負けじと、熱い情熱でこれまで様々な活動をされてきた阿部祐二さん。

そんな阿部祐二さんの奥さんとして知られているのが、プロゴルファーの阿部まさ子さんになります。

<阿部まさ子さんプロフィール>

★生年月日:1960年7月21日

★出身地:千葉県市川市

★最終学歴:昭和学院高等学校

1979年9月に、プロゴルファーとして活動を始めた阿部まさ子さん。

15歳の頃からゴルフを始めたという阿部まさ子さんは、ティーチングプロフェッショナル資格A級を取得されている現役のプロゴルファー選手なんです。

ちなみに、趣味はエアロビクスと水泳で、スポーツはバレーボールをされていたという事です。

これまでのゴルフの大会では、ホールインワンを2回達成されているんだとか。

プロゴルファーとしての戦績については、下記のサイトをご覧下さい。

【https://www.lpga.or.jp/members/info/1000165】

さらに調べたら奥さんだけではなく、娘さんもプロゴルファーでモデル・タレントとしても活躍されている阿部桃子さんだという事が分かりました。

今年行われたミス・ユニバース・ジャパンでは、千葉県代表として大会に出場されています。

芸能界とゴルフ界で活躍している阿部祐二さん一家。

これからも、それぞれの道で活躍されていくのではないでしょうか。

家族共々、切磋琢磨しながら精進してほしいと思います。
 

スポンサーリンク

阿部祐二さんはリポーターになる前はモデルだった?気になる身長についても!

阿部祐二さんといえば、リポーターとしての活動だけだと思っている人もいるのではないでしょうか。

僕もリポーター一筋で、これまでやってきたのかと思っていましたが、調べたら元々はモデル・タレントに俳優としても活動されていました。

最初は、マガジンハウスの「POP EYE」での活動を中心にモデルとして活動していて、その後はタレントと俳優としても活動をするようになり、そこからテレビリポーターに転進したとのことです。

現在の職業を一筋でやってきた人もいれば、前置きがあってから転進する人もいて人それぞれだと思います。

さらに、大学在学中から36歳まで芸能・取材活動をする一方で、プロの家庭教師としても活動していました。

教え子を数々の有名校へ進学させ、29歳の時には家庭教師を派遣する有限会社を自ら設立したそうです。

見かけにはよらず、経営者としての経歴もお持ちであったんですね。

ちなみに、モデルなどとして活動していた阿部祐二さんは、2008年時点ではありますが185cmもあるそうです!

かなりの高身長ですよね!

モデルとして申し分のない身長だそうで、リポーターに転進してもそのスタイルは抜群であります。

身長を生かしたリポートなども出来ると思うので、そういった場面ではいかんなくリポーターとしての力を発揮出来るのではないでしょうか。

アックマンアックマン

元はモデル・タレント、俳優としても活躍されていた阿部祐二さん。
そのなかでの演技力や表現力が、現在のリポートにも生かされているのではないでしょうか。
初心を忘れずに、これからも多くの人にその現場を分かりやすく伝えていってほしいと思います。