今回、「人生の楽園」で紹介をされるのは、北海道の名寄市で食堂と旅人宿を経営しているご夫婦になります。

ご夫婦のお名前は、富岡達彦さんと奥さんの由起子さんです。

今回は、どんな楽園が紹介されるんでしょうか!楽しみです。



北海道の名寄(なよろ)市ってどんなとこ?ご当地キャラも紹介!

名寄市は北海道の北部にあり、名寄盆地の中央、天塩川と名寄川の合流点にある市街地です。

人口は3万くらいで、1970年代は4万弱の人口がいた事を考えると毎年少しづつ減少傾向にあるようです。

幼稚園から大学まで10以上あり、教育機関に関してはとても充実しています。

地名の由来としては、アイヌ語のナイ・オロ・プト(川の・所の・口の意)がつまってナヨロプトと呼ぶようになり、さらにプトの部分は省略されナヨロになったとか。

これを、漢字で表記し名寄になったみたいです。

名寄市の特産品は、じゃがいも焼酎・じゃがいも(侯爵)・カボチャ・たまねぎ・ワイン・地粉そば・田舎もち・いちごようかん・森林液酢(エキス)「風舞」・ジンギスカン・もち米・アスパラなど、数多くあります。

また、全国のご当地のグルメが集結する「B-1グランプリ」では、「もち煮込みジンギスカン」が名寄市のご当地グルメとして出店していました。

そんな、名寄市のご当地ゆるキャラは「なよろう」君になります。

なよろう君は名寄市が、全国からマスコットキャラクターの募集を募り、512点の応募総数の中から誕生しました。

なよろう君は頭がもち米で、体が鏡もちをイメージして作られています。

どこか、憎めない顔立ちで、地元からも愛されそうなキャラクターですよね。

富岡達彦さんと由起子さん夫婦を紹介!

今回の主人公となる富岡達彦さんの年齢は、52歳。妻の由起子さんは58歳です。

富岡達彦さんは、子供の頃から鉄道が大好き。

そんな事もあり、鉄道会社へと就職をしました。

富岡達彦さん、旅も好きで鉄道で各地を巡り歩きました。

40代後半になると「今度は自分が旅人を迎える側になりたい」と宿を開業する事へと決めたとか。

奥さんの由起子さんとの馴れ初めは、市民劇団で小道具を担当していた由起子さんと出会い、お互い惹かれ合いそのまま結婚。

妻の由起子さんも旅が好きで、いつまでもラブラブな関係を築かれているみたいです。

 

スポンサーリンク

お互いの趣味も一緒で、いつまでも好きでいられるってホントに素敵なご夫婦ですね。

僕も、結婚したらこんな幸せな家庭を築いていきたいものです。

食堂&旅人宿「天塩弥生駅」は名寄市のどこ?宿の料金や食堂のメニューを紹介!

富岡ご夫婦が「天塩弥生駅」をオープンしたのは、2016年3月とつい最近の事です。

天塩弥生駅

鉄道好きなお客様や、昔を懐かしむ近所の方たちが食事や宿泊に訪れたりと人気は上々みたいですね。

そんな「天塩弥生駅」ですが、まずは食堂の方からご紹介したいと思います。

駅の待合室が食堂になっているようで、営業時間は11時~14時までと、お昼のランチタイム時間にオープンしています。

気になる食堂のメニューは

★音威子府かけそば定食:800円

★咲来かけそば定食:800円

★カレーライス:700円

★かれーうどん定食:800円

★あんかけうどん定食:800円

★テヤの日替り定食:800円

となっており、+100円でご飯、うどん、そばの大盛りが出来ます。

また、お飲み物もジュース以外にお酒も頂けます。

駅の中でお腹いっぱいにして、身も心も温めたいですね♪

次に、宿泊料金の説明をしたいと思います。

★一般旅客

一泊二食5500円

一泊夕食4700円

一泊朝食4300円

素泊まり3500円

★学割旅客(小・中・高・大)大学生は学生証要提示

一泊二食5000円

一泊夕食4200円

一泊朝食3800円

素泊まり3000円

★未就学児旅客(親と添い寝を基本)食事はこども膳

一泊二食1500円

一泊夕食1100円

一泊朝食900円

素泊まり(施設使用料)500円

最大定員の数は10名と決まっていて、料金も大人が一泊二食付きで5500円と安いので、放送が始まればすぐに埋まってしまう可能性は高いでしょうね。

とても人の良さそうなご夫婦と語らいながら、食事するのも贅沢な楽しみの1つになると思います。

もちろん、お風呂もしっかりと施設に完備されています。

記事を書いていたら、無性に行きたくなってきました!

昔は、旅なんて全く興味がなかったのですが、僕も歳を取ったんでしょうね。癒やしの旅がしたいです。

★「天塩弥生駅」の住所:北海道名寄市字弥生166-4

アクセスマップはこちら!

住所や電話番号が気になる方は、「天塩弥生駅」のFacebook(https://www.facebook.com/teya841/)からご覧下さい!

アックマンアックマン

今回は、北海道の名寄市で食堂&旅人宿「天塩弥生駅」を営む富岡夫婦をご紹介しました。
森や川など自然豊かな土地で、とても仲良く暮らしていて、羨ましいと思います。
北海道に行く機会があれば、ランチだけでも食べに是非訪れてみるのも良いかも知れませんね。
放送がとても楽しみです!