爆笑問題が司会を務める大人気番組『世界の日本人妻は見た!』に、南フランスのプロヴァンスにある老舗ホテル「ドメイン・ドゥ・ラック」が紹介をされます。

なんと、このホテルには画家のピカソも宿泊した事があるんだとか。

ホテルの経営者は、Charles-Emmanuel(シャルル・エマニュエル)さんと妻で日本人のケイコさんです。

今回の番組は、どんな放送になるんでしょうか。楽しみです!



南フランスのプロヴァンスってどんな場所?暮らしや定番料理を調査!

プロヴァンス 地中海

プロヴァンスは地中海に面しており、フランスの南東部分を占める面積となっています。

プロヴァンスという名前の由来は、、ローマ時代のプロウィンキアからきているんだとか。

西側には、プロヴァンスの境界となっているローヌ川が流れています。

プロヴァンスには、山も海も川もあり、フランスでは大変人気のある観光地として、毎年多くの外国人が訪れています。

気候に関しては、夏は程よくカラッとした暑さで、冬は場所によりけりなのですが、比較的海に近いところが過ごしやすいみたいです。

中でも、有名なのがミストラルという突風です。

突風の平均風速はなんと、90kmにもなるとの事。さらに、年間120日から160日間も、ミストラルは吹くとの事です。

日本の台風の平均風速と比べても、倍以上ありますね(汗)というか、人間がふっ飛ばされてもおかしくない位の風圧です。

では、プロヴァンスの人はどんな暮らしをしているんでしょうか。

住民は、高地居住様式と呼ばれる高所に集まって暮らしています。

プロヴァンス

画像で見る限り、阿部寛さん主演の映画「テルマエ・ロマエ」に登場しそうな風景です。

穀物を栽培したり家畜を放牧して、暮らすのが一般家庭では多くみられ、家族で農業を行うのがプロヴァンスの基本的な生活とのこと。

プロヴァンスの定番料理は、オリーブオイルをふんだんに使ったものが多く、地中海で捕れた魚を使った料理が一般家庭でも多くみられます。

プロヴァンス 料理

たくさんの自然に囲まれ、気候も温暖でとても過ごしやすいところだというのは、お分かり頂けたでしょうか。

次に、プロヴァンスにあるピカソも泊まったという老舗ホテル&レストラン「ドメイン・ドゥ・ラック」を紹介します。
 

スポンサーリンク

南フランスにある「ドメイン・ドゥ・ラック」の場所は?レストランや宿泊料金も気になる!

Domaine du Lac

「ドメイン・ドゥ・ラック」がオープンしたのは、1959年になります。

経営者は、シャルル・エマニュエルさんと、日本人妻のケイコさんのお2人です。

ドメイン・ドゥ・ラックは宿泊するだけでなく、レストランもしています。

レストランでは、伝統的な南フランス料理の他に、暖炉で焼かれる炭火焼ステーキが人気メニューとなっています。

ステーキ フランス

写真からも、美味しさが伝わってきますね。

<「ドメイン・ドゥ・ラック」レストランの詳細>

★定休日:ナシ

★営業時間:ランチ12時~14時 ディナー19時30分~21時

ホテルの客室は、全部で16もの部屋があるみたいですね。

ドメイン・ドゥ・ラック 客室

<「ドメイン・ドゥ・ラック」ホテルの詳細>

★チェックイン:15 :00-22:00

★チェックアウト:7:00-12:00

★住所:Le Lac, 83340 Flassans-sur-Issole, フランス

★TEL:+33 (0) 4 94 80 10 10

レストランやホテルに関する事は、電話で「ケイコプリーズ」とおっしゃると、ケイコさんが全て日本語で対応してくれるとの事です。

これは、めちゃくちゃありがたいですね。

僕は、新婚旅行に行くなら、ここと決めました(笑)まぁ、まずは婚約者を見つけないと、いけないですけどね(汗)

南フランスのプロヴァンスに立ち寄った際は、是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

アックマンアックマン

今回は、南フランスのプロヴァンスにあるホテル&レストラン「ドメイン・ドゥ・ラック」を紹介しました。
番組の予告では、日本人妻のケイコさんがてんてこ舞いしている様子が紹介されていましたが、どんな放送になるんでしょうか。
番組の放送を、楽しみに待ちたいと思います!